Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

被覆【ヒフク】

デジタル大辞泉

ひ‐ふく【被覆】
[名](スル)物の表面におおいかぶせること。また、そのもの。「絶縁体で被覆したケーブル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひふく【被覆 cover】
数学用語。Xを集合とし,={Aλ;λ∈Λ}をXの部分集合Aλの集りとする。Xのどの元もあるAλに属するならば,Xの被覆という。このとき,Λが有限集合ならばを有限被覆といい,Xが位相空間で各Aλが開集合(または閉集合)ならばを開被覆(または閉被覆)という。例えば,nは整数全体をうごくとして,開区間(n,n+2)を考えるならば,これらの全体は数直線Rの開被覆となり,同様に,閉区間[n,n+1]を考えるならば,これらの全体はR閉被覆となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ひ‐ふく【被覆】
〘名〙 おおいかぶせること。また、おおいつつむもの。ひふ。ひふう。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉一「太陽の表面に見はるる黒色の斑点は、内部にありて暗体を被覆する所の、光輝雰囲気の拆裂して、実体其真面を現する者なりと云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐ふう【被覆】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

被覆
ひふく
パラコンパクト空間」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被覆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

被覆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.