Rakuten infoseek

辞書

【ほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ほう
うえのきぬともいう。奈良時代以降,束帯および衣冠着用のときの上着両脇が閉じられ,すそに (らん) という別布のついた縫腋の袍 (ほうえきのほう) と,襴がなく両脇が開いたままの闕腋の袍 (けってきのほう) とに分れ,前者はおもに文官用,後者武官 (四位以下) 用。袍は,天武天皇の頃の正服の表後身で,摂関時代に日本化した。袍の種類には,まず天皇着用として帛 (はく) の袍,黄櫨染 (こうろぜん) の袍,青色の袍があり,上皇着用に赤の袍,皇太子用には黄丹 (おうだん) の袍がある。また親王以下諸臣着用の袍もあり,これは着用者の身分を色で示す令制の位袍に基づくもので,この制は多少変化して後代に及ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう〔ハウ〕【×袍】
公家の装束の盤領(まるえり)の上衣。束帯衣冠などに用いる位階相当の色による位袍と、位色によらない雑袍とがあり、また、文官用の縫腋(ほうえき)の袍武官・幼年用の闕腋(けってき)の袍の2種がある。うえのきぬ。
上衣。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【袍】[漢字項目]
[音]ホウ(ハウ)(漢)
綿を包み入れた衣服。「縕袍(おんぽう・うんぽう)
すっぽりとからだを包む上着。外衣。「戦袍」
束帯の上着。うえのきぬ。「位袍黄袍(おうほう)
[難読]縕袍(どてら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほう【袍】
奈良時代以来の朝服およびその変化形式である束帯衣冠の上着。〈うえのきぬ〉ともいう。詰襟式の盤領(あげくぴ)で,身は二幅,袖は奥袖にほぼ半幅の端()袖(はたそで)をつけた裄(ゆき)の長い衣。奈良時代から平安時代初期にかけての袍は身ごろも袖も細いものであったが,平安時代中期以降,服装の和様化,長大化によって,身ごろが広く,袖丈が長いものに変わった(図)。袍の形に2種あり,文官の用いるものは両脇が縫いふさがり,裾に襴(らん)がついた,有襴(うらん)の袍または縫腋袍(ほうえきのほう)といい,若年や武官の用いるものは両脇を縫いふさがず開いていて,襴をつけていないもので,(あお)とか無襴の袍,または闕腋袍(けつてきのほう)と呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほう【袍】
衣冠・束帯などのときに着用する盤領まるえりの上衣。身分によって色や布地に定めのある位袍と、好みによる雑袍がある。また、縫腋ほうえき(文官用)と闕腋けつてき(武官・幼年者用)の別がある。うえのきぬ。
転じて、上衣。 はなつ矢を、一条は-の袖に/読本・弓張月

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ほう
奈良時代以降に貴族階級で用いられた衣服の一種。朝服および、その変化形式である束帯(そくたい)、それを略した布袴(ほうこ)、衣冠、日常着の直衣(のうし)などの上着。「うえのきぬ」ともいわれる。袍の語の初見は養老(ようろう)の衣服令(りょう)にみられ、イラン系唐風の衣。詰め襟式の盤領(あげくび)で、奈良時代から平安時代初期にかけての袍は、生地(きじ)の幅が広かったため、身頃(みごろ)が一幅(ひとの)と二幅(ふたの)のもの、袖(そで)が一幅と、それに幅の狭いものを加えた裄(ゆき)の長いものがみられる。平安時代中期以後、服装の和様化とともに、袍の身頃は二幅でゆったりとし身丈が長く、袖は、奥袖とそれよりやや幅の狭い端袖(はたそで)を加えた二幅仕立て、袖丈が長い広袖形式となった。文官の用いる袍と若年の者や武官の用いる袍とは形式を異にし、前者は縫腋(ほうえき)の袍といって、両脇(わき)が縫い合わされ、裾(すそ)に生地を横に用いた襴(らん)がつき、有襴(うらん)の袍ともいわれる。襴の両脇は、古くはひだを畳んであったが、衣服の長大化とともに、そのひだを解いて外に引き出し蟻先(ありさき)とよんでいる。縫腋の袍の前身頃をたくし上げて、懐(ふところ)をつくる分だけ、あらかじめ後ろ腰の部分をたくし上げて縫い留めたものを「はこえ」とか格袋(かくぶくろ)とよんでいる。後者は闕腋(けってき)の袍といって、両脇を縫いふさがず開いていて襴をつけないもので、無襴(むらん)の袍ともいわれる。
 朝服および位袍と称される束帯、布袴、衣冠の袍は、位階相当の色すなわち当色(とうじき)が定められている。当色は養老の衣服令が基本となっているが、時代の下降とともに若干の変化をみせ、平安時代初期に、紫、緋(ひ)、緑、縹(はなだ)などの深浅の区別がなくなって、すべて深い色とし、また天皇の用いる色に黄櫨染(こうろぜん)と青色(あおいろ)が加えられた。さらに中期以降、深紫は黒にかわり、四位も黒を用い、六位以下はみな深縹を用いたが、それを緑袍(ろくほう)とか緑衫(ろうそう)とよんだ。
 袍の地質は、五位以上が冬に表地を綾(あや)、裏地を平絹、夏にか顕文紗(けんもんしゃ)。六位以下は表地・裏地とも平絹、夏に無文か生絹(すずし)とした。公卿(くぎょう)以上の者が着用する日常衣の直衣も縫腋の袍で、当色による位袍ではないため雑袍(ざっぽう)といわれる。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう ハウ【袍】
〘名〙
① 公家や僧侶の装束の表衣(うえのきぬ)。束帯や衣冠に用いる位階相当の色による位袍と位色によらない雑袍とがあり、束帯の位袍には、文官の有襴縫腋(ほうえき)と武官の無襴闕腋(けってき)の二種がある。盤領(まるえり)で、身幅二幅、袖幅一幅半を例とする。地質は、冬は綾、夏は縠織(こめおり)。五位以上は家流による有紋、地下は無紋。文官の縫腋はまつはしのきぬといい、武官の闕腋はわきあけのころもともいう。なお、武官の随身の当色(とうしき)とする蛮絵(ばんえ)の袍や褐衣(かちえ)の類がある。うえのきぬ。
※続日本紀‐和銅元年(708)九月庚辰「賜行所経国司目以上袍袴各一領。造行宮郡司祿各有差」
② 転じて、上衣。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「よっ引(ひゃう)と発つ矢を、一条は袍(ハウ)の袖に縫留させ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

袍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.