Rakuten infoseek

辞書

袈裟【けさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

袈裟
けさ
サンスクリット語 kaṣāya (「色の濁った」「よごれた」の) の音写。仏教僧侶のまとう衣の一つ。インドの仏教では赤,白などの色で染められた衣を禁じ,種々の色の溶け合った色を用いたので,その色からこのように名づけられた。元来,出家修行者はチーバラと称する三衣 (さんえ) を用いたが,仏教の諸国への伝播とともに変化し,中国,日本などでは種々の形のものがみられる。日本では標識として衣服の上から着用され装飾化している。法会の際は錦綾,金襴,金紗などの織物を細長く裁断し,これを継ぎ合せた五条,七条,九条などの袈裟を着用し,平素五条袈裟を変形した簡単な袈裟を用いる。また禅宗の絡子 (らくす) ,天台,真言宗輪袈裟,修験者の結袈裟 (ゆいげさ) などはさらに簡化された形式。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

袈裟
仏教の僧侶が着る僧服のひとつ。四角い布きれを縫い合わせて大きな長方形の一枚の生地に仕立てている。日本では法衣の上に袈裟を着ける。衣服に対する欲望を起こさせないために、仏教発祥のインドで定められた。語源サンスクリット語の「カシャーヤ」で、鮮明な原色系ではない濁った色を意味するといわれている。縦に区切られている数により、五条袈裟、七条袈裟、九条袈裟などと呼ばれる。五条袈裟は作業着、七条袈裟は普段着、九条以上の袈裟は正装用に用いられることが多い。禅宗では師が自分の袈裟を弟子に与え、正しく教え伝えた証しとした。師から弟子へと受け継がれた袈裟は「伝法衣(でんぽうえ)」と呼ばれている。
(2010-11-15 朝日新聞 夕刊 こころ)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

けさ【××裟】
《〈梵〉kasṣayaの音写。赤褐色の意で、染衣(せんえ)・壊色(えじき)などと訳す》
インドで制定された僧侶の衣服。青・黄・赤・白・黒の正色を避けて濁色の布を用いたところからの名。縫い合わせた布の数により、五条、七条、九~二五条の3種がある。中国・日本と伝えられる間に仏教の標幟(ひょうじ)としての法衣にかわり、衣の上に左肩から右脇下にかけてまとう長方形の布となり、華美で装飾的なものとなった。宗派によって種々のものがある。功徳衣(くどくい)。福田衣。無垢衣(むくい)。
袈裟懸け」の略。「袈裟に切る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けさ【袈裟 kashāya[サンスクリツト]】
もともとは色名で,壊色(えしき),濁色(じよくしよく)などと訳される。インドの仏教僧団で,不用になったり,捨てられた長短布片を縫い合わせて,僧尼の着用すべきものとして制定された3種類の衣(三衣(さんえ))を袈裟と称した(図)。すなわち僧伽梨(そうぎやり),鬱多羅僧うつたらそう)と安陀会(あんだえ)の三つである。僧伽梨は大衣,重衣ともいわれ正装衣に,鬱多羅僧は上衣として礼仏説法聴聞に着用し,安陀会は内衣と称して日常の作業や肌着用に用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けさ【袈裟】
sāya 不正色・壊色えしきの意
インドで仏教者の着る法衣ほうえのこと。中国・日本では衣ころもの上に左肩から右腋下へかける長方形の布をいう。インドの法衣が形式化したもので、小さい四角の布を縫い合わせて作り、中国・日本では次第に色や布は華美なものが用いられるようになった。宗派によって各種の形式のものがある。功徳衣。無垢衣。福田衣。忍辱鎧にんにくがい。卓衣。
「袈裟懸け」の略。 -に斬る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

袈裟
けさ
僧の着用する衣。サンスクリット語のカシャーヤkya(赤褐色の意味)の音訳。もとは色名で、衣の名称ではなかったが、比丘(びく)の衣が不正色(ふせいじき)(濁色)であったところから衣の名となった。『十誦律(じゅうじゅりつ)』巻27によると、インド、マガダ国のビンビサーラ王が仏を礼拝(らいはい)しようとしたところ外道(げどう)(異教者)であった。そのため、王は仏および仏弟子と外道を区別できる衣服を願い、仏には袈裟(けさ)を着ることを制定した。形は、田の畦畔(けいはん)が整然としているのを見て、長い布と短い布をつなぎ合わせてつくることを指示した。袈裟の条相が田の畦(あぜ)をかたどっており、田に種を播(ま)けば秋に収穫があるように、仏を供養(くよう)すればかならず諸々(もろもろ)の福報を受けるという意味から、袈裟は福田衣(ふくでんえ)ともいわれる。ほかに、掃きだめなどから拾った布を使用することから弊衣(へいえ)、糞掃衣(ふんぞうえ)、小さく切った布片を何枚も縫い合わせたことから割截衣(かっせつえ)、衲衣(のうえ)ともいう。衣財は、綿、麻、絹、樹皮、毛などなんでもよく、色は青、黒、木蘭(もくらん)の濁った壊色(えじき)にする。大きさは、各人の身長に応じてつくられ、縦三肘(ちゅう)、横五肘の幅の局量法(こくりょうほう)と、衣財を直接体に当てて全体の長さを測る度量法がある。種類は、縫い合わせた布片の数により、五条(安陀会(あんだえ))、七条(鬱多羅僧衣(うったらそうえ))、九条~二十五条(僧伽梨衣(そうぎゃりえ))の3種があり、それらはいずれも奇数条である。奇数は陽の数として発展化育のもととなり、仏の教えは、永遠に割り切ることができないものであるからである。しかし、仏教が中国に伝播(でんぱ)するにつれて、生活資具の衣から仏教の標幟(ひょうし)となり、華麗な装飾的なものへと変遷していった。[川口高風]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けさ【袈裟】
〘名〙
① (kaṣāya の音訳。「濁」の意で、不正色、壊色(えしき)などの意) 仏語。僧が出家者の標識として着る法衣。青、黒または木蘭(もくらん)色の三種の濁った色で染めるところから、その名がある。製法は細長の布を縦に一定数縫い合わせて横長の形にし、それを縫い合わせる枚数によって、五条、七条、九条ないし二五条などの別がある。左肩から右の腋(わき)下に斜めに懸けてつける。後、中国、日本などではまったく形式的な上衣として華麗なものに変容し、各種の形ができ、各宗派によっても種々のものがつくられるに至った。解脱幢相衣。無垢衣。功徳衣。忍辱鎧。けさぎぬ。
※書紀(720)孝徳即位前(北野本南北朝時代訓)「髯髪(ひけ)を剔除(そ)りて袈裟(ケサ)を披着(き)つ」
※観智院本三宝絵(984)上「我暫く頭を剃て袈裟の中に弓を隠して木の下に居たらむ」 〔釈氏要覧‐上〕
② 「けさがけ(袈裟懸)②」の略。
※浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)二「抜き打に、老女が細首けさに切って切り下げ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袈裟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

袈裟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.