Rakuten infoseek

辞書

袈裟御前【けさごぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

袈裟御前
けさごぜん
平安時代末期の節婦。源渡 (わたる) の妻。美女であったので,遠藤盛遠 (のち出家して文覚 ) に恋慕された末,夫の身代りとなって盛遠に殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けさ‐ごぜん【袈裟御前】
平安末期の女性。北面の武士源渡(みなもとのわたる)の妻。遠藤盛遠(えんどうもりとお)から恋慕され、夫の生命を救うため、自らその身代わりとなって盛遠に殺された。盛遠は恥じて出家し、文覚(もんがく)と称した。→文覚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

袈裟御前 けさごぜん
源平盛衰記」に登場する源渡(みなもとの-わたる)の妻。
従兄(いとこ)の遠藤盛遠(もりとお)(のちの文覚(もんがく))に横恋慕されてなやみ,みずからはかって盛遠に殺される。このため夫の渡も盛遠も出家したという。この説話は江戸時代,浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎の題材となった。名は阿都磨(あとま)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

袈裟御前
古典落語の演目ひとつ

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けさごぜん【袈裟御前】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けさごぜん【袈裟御前】
平安末期の伝説上の女性。北面の武士源渡わたるの妻。夫の同僚遠藤盛遠(のちの文覚もんがく)に横恋慕され、夫の身代わりに殺される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けさ‐ごぜん【袈裟御前】
平安末期の女性。北面の武士源渡の妻。母は衣川。院の北面の武士遠藤盛遠に誤って殺され、盛遠は出家して文覚(もんがく)と称した。この事件は、盛遠に恋慕された袈裟が、夫の身代わりとなって殺されたものと解されて、その貞節ぶりが伝承されてきた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袈裟御前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

袈裟御前の関連情報

他サービスで検索

「袈裟御前」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.