Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【おくみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


おくみ
袵とも書く。きもの着装上の便から,左右の前身頃につけたした半幅のをいう。衽とはオオクビの転訛で,クビ (首) は (えり) のこと。身頃に大領を加えることによってきものが仕立てられることから大領をつめて衽と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

お‐くみ【×衽/×袵】
《「おくび」の音変化》着物の左右の前身頃(まえみごろ)に縫いつけた、から(すそ)までの細長い半幅(はんはば)の布。おくび。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐くび【×衽/×袵】
《「おおくび(大領)」の音変化》「おくみ(衽)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐くび【衽】
〘名〙 (「おおくび(大領)」の変化した語) =おくみ(衽)〔運歩色葉(1548)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.