Rakuten infoseek

辞書

表示【ひようじ】

デジタル大辞泉

ひょう‐じ〔ヘウ‐〕【表示】
[名](スル)
はっきりと表し示すこと。「原料をラベルに表示する」
図表にして示すこと。「生産額を表示する」
きざし。兆候。
「これ、ひとへに金粟(こんぞく)世界に生ぜる―なりといひて」〈今昔・六・三八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

表示
 食品性質などを示す標識

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

表示
商品に関する情報を表現したもので、狭義では商品に貼られているラベルなど、商品に密着した表現を示し、広義では広告など一般に知らされる商品に関するすべての表現を示す。「食品衛生法」などでは狭義に用いられているが、「景品表示法」では、ラベル、広告、ビラ、ポスター、看板などを含め広義に解釈されている。これまでは単なる商品説明としての表示が中心であったが、最近では商品を使った生活情報の提供へと表示の役割も変わってきている。売場の表示方法に売上高が大きく左右されるケースもあり、消費者の生活スタイルに対応した表示をすることが重要である。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひょうじ【表示】
( 名 ) スル
外部にはっきりとあらわし示すこと。 「意思を-する」
表にして示すこと。 「前年度の成績を-する」
きざし。表事。 「此れ偏に金粟世界に生ぜる-也/今昔 6」 → 標示(補説欄)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐じ ヘウ‥【表示】
〘名〙 (「ひょうし」とも)
① きざし。印。兆候。表事。標示
※今昔(1120頃か)六「書生が身、忽に金色に変じたり。人皆、此を見て、此、偏に金粟(こんぞく)世界に生ぜる表示也と云て」
② (━する) 外部にあらわししめすこと。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「投票を以て〈略〉先づ国都の人民の意見を表示することに」
③ (━する) 表(ひょう)にして示すこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表示」の用語解説はコトバンクが提供しています。

表示の関連情報

関連キーワード

ファイル検索シフトクリック表示オプションデスクトップファイル漢字Talk 7.5.3スモール・システムフォントポップアップウインドウファインダー無線方位測定機Mavericks

他サービスで検索

「表示」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.