Rakuten infoseek

辞書

衣笠貞之助【きぬがさていのすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衣笠貞之助
きぬがさていのすけ
[生]1896.1.1. 三重,亀山
[没]1982.2.26. 京都
映画監督。 1917年女方として日活に入り,22年マキノ映画へ移って『二羽の小鳥』 (1923) で監督となる。新感覚派映画の『狂った一頁』 (26) ,前衛精神あふれる時代劇『十字路』 (28) などを発表して,ヨーロッパでもその新鮮な映像感覚が注目を浴びた。『地獄門』 (53) でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞。その他の主要作品は『忠臣蔵』 (32) ,『雪之丞変化』 (35) ,『大坂夏の陣』 (37) ,『或る夜の殿様』 (46) ,『女優』 (47) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きぬがさ‐ていのすけ【衣笠貞之助】
[1896~1982]映画監督。三重の生まれ。林長二郎長谷川一夫)主演の一連の作品で、松竹時代劇の黄金時代を築いた。代表作狂った一頁」「雪之丞変化」「地獄門」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

衣笠貞之助 きぬがさ-ていのすけ
1896-1982 大正-昭和時代の映画監督。
明治29年1月1日生まれ。大正11年女形俳優から転身。前衛的な作品「狂った一頁」や「十字路」で国際的に評価される。長谷川一夫とくんで「雪之丞(ゆきのじょう)変化」など時代劇の大作も多数手がけた。昭和28年「地獄門」でカンヌ映画祭グランプリ。昭和57年2月26日死去。86歳。三重県出身。本名は小亀貞之助。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きぬがさていのすけ【衣笠貞之助】
1896‐1982(明治29‐昭和57)
映画監督。三重県生れ。本名小亀貞之助。日本映画の草分け監督の一人であり,日本最初のアバンギャルド映画《狂った一頁》(1926)の監督であり,イーストマン・カラーによる日本最初の長編劇映画《地獄門》(1953)で,カンヌ映画祭のグラン・プリ受賞監督でもある。また美男スター・長谷川一夫を育てた監督としても知られる。新派劇団の女形から映画界に入り,《妹の死》(1920)でヒロインの妹の役を演じながら演出に手をそめ,女形から女優に移行しつつあった日本映画の流れをいち早く察知して,《妹の死》の再映画化である《二羽の小鳥》(1923)から監督専門になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きぬがさていのすけ【衣笠貞之助】
1896~1982) 映画監督。三重県生まれ。本名、小亀貞之助。女形として映画界にはいり演出に転じ、前衛的なサイレント作品「狂った一頁」「十字路」の後、「雪之丞変化」「地獄門」など時代劇を中心に戦後まで活躍した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衣笠貞之助
きぬがさていのすけ
(1896―1982)
映画監督。本名小亀貞之助。明治29年1月1日、三重県生まれ。母の影響による芝居好きが高じて、18歳で出奔、新派劇団の女方(おやま)を転々とし、1917年(大正6)日活向島(むこうじま)撮影所に入社。立(たて)女方として田中栄三監督の『生ける屍(しかばね)』(1918)のサーシャ役などに出演。1923年マキノ映画で監督に転じた。サイレント時代の代表作に、川端康成(やすなり)らと新感覚派映画聯盟(れんめい)を結成してつくった無字幕の現代劇『狂った一頁(ページ)』(1926)と、衣笠映画聯盟での野心的時代劇『十字路』(1928)がある。後者を携えてヨーロッパに外遊、日本映画の海外評価に道を開いた(なおこの2本は1975年に音楽を付して再公開された)。帰国後、松竹でトーキー初の『忠臣蔵』(1932)、林長二郎(長谷川(はせがわ)一夫)と組んでの『雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)』三部作(1935~1936)、『大坂夏の陣』(1937)、東宝に移って『蛇姫様』(1940)、『川中島合戦』(1941)などの時代劇の大作に手腕を振るい、第二次世界大戦後は風刺喜劇『或(あ)る夜の殿様』(1946)、松井須磨子(すまこ)の愛と死を描く『女優』(1947)、大映に移ってからは、同社の第1回カラー作品でカンヌ国際映画祭グランプリなどを受けた『地獄門』(1953)をはじめ多くの作品を手がけて、1966年に引退。昭和57年2月26日没。[千葉伸夫]

資料 監督作品一覧

妹の死(1920)
(ああ)小西巡査(1922)
火華(1922)
ある新聞記者の手記(1922)
不知火(しらぬい)(1923)
二羽の小鳥(1923)
彼の山越えて(1923)
人生を視つめて(1923)
(つばめ)の歌(1923)
金色夜叉(こんじきやしゃ) 宮の巻(1923)
魔の池(1923)
凋落(ちょうらく)の彼方へ(1923)
金色夜叉 寛一の巻(1923)
妻の秘密(1924)
彼女の運命 前後篇(1924)
恋(1924)
桐の雨(1924)
寂しき村(1924)
花咲爺(1924)
鬼神 由利刑事(1924)
狂恋の舞踏(1924)
嵐の精霊(1924)
恋とはなりぬ(1924)
足(1924)
盗(1924)
関の夫婦松(1924)
邪宗門の女(1925)
恋と武士(1925)
心中宵待草(1925)
月形半平太(1925)
弥陀ケ原の殺陣(1925)
日輪(1925)
エキストラガール(1925)
天一坊と伊賀亮(1926)
狂った一頁(1926)
照る日くもる日 第一篇・第二篇(1926)
話(1926)
麒麟児(きりんじ)(1926)
稲妻双紙(1927)
お嬢吉三(1927)
鬼あざみ(1927)
勤王時代(1927)
女夫星(1927)
御用船(1927)
火食鳥(1927)
暁の勇士(1927)
道中双六(すごろく) 駕籠(かご)(1927)
月下の狂刃(1927)
弁天小僧(1928)
京洛秘帖(1928)
海国記(1928)
道中双六 船(1928)
長恨夜叉(1928)
十字路(1928)
女性の輝き(1930)
黎明以前(1931)
唐人お吉(1931)
鼠小僧次郎吉(1932)
生き残った新選組(1932)
忠臣蔵 前篇 赤穂京の巻・後篇 江戸の巻(1932)
天一坊と伊賀亮(いがのすけ)(1933)
二つ燈籠(1933)
鯉名(こいな)の銀平(1933)
沓掛(くつかけ)時次郎(1934)
冬木心中(1934)
一本刀土俵入り(1934)
殴られた河内山(1934)
くらやみの丑松(うしまつ)(1935)
雪之丞変化 第一篇・第二篇(1935)
雪之丞変化 解決篇(1936)
大阪夏の陣(1937)
人肌観音 第一篇(1937)
黒田誠忠録(1938)
月形半平太[応援監督](1939)
蛇姫様(1940)
続 蛇姫様(1940)
川中島合戦(1941)
進め独立旗(1943)
間諜(かんちょう)海の薔薇(ばら)(1945)
或る夜の殿様(1946)
四つの恋の物語~第四話「恋のサーカス」(1947)
女優(1947)
小判鮫 第一部 怒濤(どとう)篇(1948)
小判鮫 第二部 愛憎篇(1949)
甲賀屋敷(1949)
殺人者の顔(1950)
紅蝙蝠(べにこうもり)(1950)
月の渡り鳥(1951)
名月走馬燈(1951)
修羅城秘聞 双龍の巻(1952)
続修羅城秘聞 飛龍の巻(1952)
大仏開眼(1952)
地獄門(1953)
雪の夜の決闘(1954)
花の長脇差(ながどす)(1954)
鉄火奉行(1954)
川のある下町の話(1955)
薔薇はいくたびか(1955)
婦系図 湯島の白梅(1955)
新・平家物語 義仲をめぐる三人の女(1956)
火花(1956)
月形半平太 花の巻・嵐の巻(1956)
源氏物語 浮舟(1957)
鳴門秘帖(1957)
春高樓(はるこうろう)の花の宴(1958)
大阪の女(1958)
白鷺(しらさぎ)(1958)
情炎(1959)
かげろう絵図(1959)
歌行燈(うたあんどん)(1960)
みだれ髪(1961)
お琴と佐助(1961)
嘘~第三話「3女体」[増村保造、吉村公三郎とのオムニバス](1963)
妖僧(1963)
小さい逃亡者(1966)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣笠貞之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衣笠貞之助の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

「衣笠貞之助」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.