Rakuten infoseek

辞書

衛氏朝鮮【えいしちょうせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衛氏朝鮮
えいしちょうせん
Wi-ssi Chosǒn
朝鮮の王国名。その前の伝承的存在の檀君朝鮮,箕子 (きし) 朝鮮 (→箕子東来説 ) と合せ,古朝鮮という名称で一括される。『史記』によれば前高祖 12 (前 195) 年に燕国の人,衛満が部下 1000人余を連れてばい水 (ばいすい。現在の鴨緑江または大同江) を渡り,北朝鮮の地に亡命した。『魏略 (ぎりゃく) 』によると彼はその地の国王箕子朝鮮国最後の王,箕準の信頼を得て逐次昇進し,やがて箕準を追放して王となり王険城 (現在の平壌といわれる) を首都とし,近隣諸国を討ち真番臨屯郡方面も服属するにいたった。ところがその孫,右渠 (えいゆうきょ) のとき漢に反抗したので漢の武帝は元封2 (前 109) 年大軍を派遣して討伐し,翌年右渠は暗殺されて衛氏朝鮮国は3代 80年余で滅亡した。その後,漢は古朝鮮の地に楽浪郡ほか3郡をおいて直接支配下に入れた。衛氏朝鮮に関する史料はきわめて少く詳細は不明であるが,中国人を首長とし,その下に在地土着の韓族連盟をなしていたものと解釈されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいし‐ちょうせん〔ヱイシテウセン〕【衛氏朝鮮】
朝鮮古代の王国名。前2世紀初め、燕(えん)から亡命した衛満が建国。前108年、衛満の孫、右渠(うきょ)の代に武帝に攻められて滅亡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいしちょうせん【衛氏朝鮮】
朝鮮古代の王朝名。いわゆる古朝鮮の一つ。朝鮮半島北西部は古来から中国との交流がおこなわれ,政治,経済,文化の諸般に深い影響を受けていたようである。《史記》によると前195年(漢の高祖12),燕王盧綰(ろわん)が漢に背反したとき,その部将の衛満は部下1000余人をひきいて浿水(ばいすい)(位置に諸説あり)を渡り北朝鮮の地におもむき,箕子(きし)朝鮮国最後の国王,箕準(淮とも記す)に信頼され官職を授けられ封地も賜ったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいしちょうせん【衛氏朝鮮】
古朝鮮の王朝の一。紀元前二世紀初め、燕えんの亡命者衛満が箕子きし朝鮮を滅ぼして建国。都は王険城(現在の平壌)。漢の武帝の朝鮮遠征(紀元前108年)で滅びた。衛満朝鮮。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衛氏朝鮮
えいしちょうせん
紀元前2世紀、西北朝鮮に燕(えん)の亡命者衛満(えいまん)が建国した王朝。満は当初、箕子(きし)朝鮮最後の王、箕準に仕えていたが、漢の恵帝のとき、準を滅ぼして王となり、王険城(平壌(ピョンヤン))に都した。やがて漢の外臣となった満は、近隣諸部族を服属させ、その領域は方数千里と伝えられている。孫の右渠(うきょ)のときには、漢に対しても強硬な姿勢をとったため、前109年、武帝は大軍を遣わして王険城を包囲し、翌年これを滅ぼした。始祖の衛満をはじめ、支配者層に移住中国人が多いことから、一般に植民地的政権とみなされやすいが、自立的な土着豪族勢力の存在は軽視できず、むしろ両者の妥協のうえに成立した連合的政権と考えられる。また衛満は朝鮮人系の燕在住者であったとする説もある。前12世紀の殷(いん)人箕子に始まるとされる箕子朝鮮とあわせて古朝鮮と呼称されることがあり、さらにそれ以前の檀君(だんくん)神話の檀君朝鮮を加えることもある。[李 成 市]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいし‐ちょうせん ヱイシテウセン【衛氏朝鮮】
紀元前二世紀に栄えた朝鮮古代の王朝。燕(えん)の衛満が朝鮮に亡命し、箕子(きし)朝鮮を滅ぼして建国。三代八〇余年ののち、漢に滅ぼされた。箕子朝鮮と合わせて、古朝鮮ともいう。衛満朝鮮。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛氏朝鮮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衛氏朝鮮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.