Rakuten infoseek

辞書

衛士【えじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衛士
えじ
古代,律令兵制において,諸国軍団から選ばれて1年 (のち3年) 交代で上京し,衛門府衛士府に配属され,宮門警衛にあたった者。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えい‐し〔ヱイ‐〕【衛士】
宮殿・貴人などの警備、護衛にあたる兵士。→衛士(えじ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え‐じ〔ヱ‐〕【衛士】
律令制で、諸国の軍団から選抜されて1年交代で左右衛士府衛門府に配属されて宮廷警護に当たった兵士。
神宮司庁および熱田神宮の警護に当たった職員の旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えじ【衛士】
日本古代の律令制のもとで,朝廷や京の警衛にあたった兵士。その名称は唐制に由来する。公民から徴発され,諸国の軍団に勤務する兵士のうちから交替で都に送られ,五衛府のうち衛門・左右衛士の3府に配属された。定数はときにより増減があり,805年(延暦24)の時点では衛門府400人,左右衛士府各600人,計1600人が存在していた。衛士の任務は宮城内の中門(宮門)・諸所の警衛,京中の夜間の巡検,天子行幸のおりの警固などであり,課役が免除され,帰国後1年は軍団勤務が免除されるなどの恩典があったが,任務の重要さゆえに監督もきびしく,酷使された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいし【衛士】
護衛の兵士。衛士えじ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えじ【衛士】
律令制で、諸国の軍団から毎年(のち三年)交代で上京し、衛門府えもんふ・衛士府に配属されて、宮中の警護などにあたった兵士。
誤って、「仕丁じちよう」をいう。
もと伊勢神宮司庁と熱田神宮に置かれていた警護の職員。衛士長は奏任官。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衛士
えじ
奈良時代の兵士。諸国の軍団兵士の一部が1年ごとに上京し衛士府、衛門府に配備された。農民から兵士を徴発し天皇、帝都を衛守させるという考え方は、これまでになく、律令(りつりょう)軍制の特質の一つである。この結果、制度的には、天皇親衛軍の中核は、これまでのトネリ層から班田農民となった。衛士数は約2000、これに付随する火頭(かとう)(衛士の炊事役)1000。衛士のうち2割程度が衛門府に、残りの1600が衛士府に配備された。衛士の武器は、基本は烏作横刀(うづくりよこたち)と弓箭(ゆみや)。騎兵、弓箭装備の歩兵、槍(やり)装備の歩兵の3種があった。前二者はおもに宮城守衛にあたり、宮内、京中にあって、衛門、所部衛守、京内要地守衛、京路巡行、行幸供奉(ぐぶ)、要人警護の任についた。[野田嶺志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐し ヱイ‥【衛士】
〘名〙 宮殿、御所、貴人などを守る兵士。護衛の兵士。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「其弾丸(たま)輿側(かごわき)の衛士(ヱイシ)に当りて輿には恙(つつが)なしと雖も衛士等大いに驚愕して」 〔史記‐項羽本紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え‐じ ヱ‥【衛士】
〘名〙
① 令制で、諸国軍団から毎年(のちに三年)交替で上京し、衛門府、左右衛士府に配属された兵士。宮門の警備や行幸の供奉などにあたった。
※三代格‐一八・養老六年(722)二月二二日「自今以後、諸国向京衛士仕丁。便減年之数。〈略〉並限三載。以為一番。依式交替」
② もと神宮司庁および熱田神宮の警護にあたった役人。
※神宮に衛士長衛士副長及衛士設置(明治三一年)(1898)四条「衛士は上官の指揮を承け警衛に従事す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衛士の関連情報

他サービスで検索

「衛士」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.