Rakuten infoseek

辞書

街路【ガイロ】

デジタル大辞泉

がい‐ろ【街路】
市街地の道路。まちなかの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいろ【街路】
都市内にある道路を総称するが,狭には,都市計画において都市施設として定められた道路をいう。日本の都市計画法では,その種別を機能に応じて,自動車専用道路,幹線街路,区画街路および特殊街路に分けている。街路は人や車の交通路としての役割に加え,通風採光など快適な生活環境を確保する機能,都市防災上の機能,電気,電話,上・下水道ガスなどの各種都市施設を収容する空間としての機能,さらには,街区を構成し,市街地秩序ある発展を誘導する機能など,多面的な機能をもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいろ【街路】
町なかにある広いみち。 -灯

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

街路
がいろ
都市内における道路の総称で、とくに地方部にある道路と区別してよぶときに用いる名称。街路の特徴としては、交通機能としての役割はもとより、都市のオープンスペースとしての空間、供給処理施設の収容空間を供給するとともに、とくに沿道宅地へのサービス機能が卓越している。街路網の形態は、都市の発展、規模、地形により異なるが、放射環状形、格子形、梯子(はしご)形、斜線形、合成形に大別される。[吉川和広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐ろ【街路】
〘名〙
市街の道路。町なかの道。
※続日本紀‐宝亀一一年(780)一二月甲辰「比来無知百姓、搆合巫覡、妄崇淫祀、蒭狗之設、符書之類、百方作恠、填溢街路、前事求福、還渉厭魅
※玉塵抄(1563)五三「朝廷の前宮闕の馬場に、街路の両方にをなみうえらるるぞ」 〔白居易‐晩帰府詩〕
② 市街地または都市計画区域内の幅員四メートル以上の公道。交通の目的のほかに、沿道の建築物に対する採光、通風、防災、景観なども考えて設計された道路。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

街路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

街路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.