Rakuten infoseek

辞書

【ジュツ】

デジタル大辞泉

じゅつ【術】
人が身につける特別の技。技術。「剣の
手段。方法。てだて。すべ。「もはや施すもなし」
策略。計略。はかりごと。たくらみ。「をめぐらす」
人知をこえた不思議なわざ。忍術・魔術・妖術など。「透視の」「奇怪なをつかう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅつ【術】[漢字項目]
[音]ジュツ(慣) [訓]すべ わざ
学習漢字]5年
方法。手段。すべ。「術策術数仁術戦術秘術
わざ。技芸。「学術奇術技術芸術剣術算術手術忍術馬術美術魔術話術
[名のり]てだて・みち・やす・やすし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべ【術】
目的を遂げるための手段方法。てだて。「施すも知らない」「なすがない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばけ【術】
《「化け」と同語源》てだて。すべ。みち。方法。
「百姓(おほみたから)を寛(ゆたかに)する―あらば」〈天武紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅつ【術】
わざ。技能。 「 -の優劣をあらそう」 「身をまもる-」 「蘇生-」
不思議なわざ。妖術。魔術。 「 -にかかる」 「火遁かとんの-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべ【術】
手段。方法。 「なす-を知らない」 「もはや施す-がない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばけ【術】
〔「ばけ(化)」と同源。「はけ」とも〕
てだて。はかりごと。 「必ず善き-有らむ/日本書紀 神代下訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅつ【術】
〘名〙
① わざ。技芸。また、学問。学術。
※随筆・胆大小心録(1808)四八「佞(ねい)にして奸(かん)にして智あり勇あり術あり、どうもこなされぬ大将ゆへ、とうと天下を総追捕使じゃ」
② 方法。てだて。手段。すべ。また、生活の手段。
※続浦島子伝記(920)九光芝草「千茎芝蘭駐老之方。百節昌蒲延齢之術」
※太平記(14C後)二二「一日の中に三度戦の術(ジュツ)を教へんに」 〔戦国策‐韓策・昭侯〕
③ 策略。たくらみ。はかりごと。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)一「袴の肩もきっとせし目のうち鋭き術ある人相」
④ 修験者(しゅげんじゃ)や陰陽師などの、まじないの法。まじない。妖術。魔法。
※寛永版曾我物語(南北朝頃)一二「病極めて重き者の、薬ばかりにてはと疑ひて服せずは、耆婆がじゅつも扁鵲が医方も益あるべからず」 〔史記‐封禅書〕
⑤ 忍者などが用いる忍び込むための方法。忍びの術。忍術。
※談義本・風流志道軒伝(1763)四「其容㒵(ようぼう)賤からざる者の、何故かかる術(ジュツ)をなして、我後宮へ忍び入たりや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべ【術】
〘名〙 なすべき手だて。そうすればよいというしかた。手段。方法。多く打消を伴って用いられる。
※続日本紀‐宝亀二年(771)二月二二日・宣命「言はむ須部(スベ)もなく為(せ)む須倍(スベ)もしらに」
※人形愛(1976)〈高橋たか子〉一「なすすべもわからず呆然としているだけであった私は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばけ【術】
〘名〙 (「ばけ(化)」と同語源) てだて。はかりごと。手段。じゅつ。みち。
※書紀(720)皇極四年四月(岩崎本平安中期訓)「鞍作の得志、虎を以て友と為て其の術(ハケ)を学ひ取れり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

術の関連情報

他サービスで検索

「術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.