Rakuten infoseek

辞書

行縢【ムカバキ】

デジタル大辞泉

むか‐ばき【行縢/行騰】
遠行の外出・旅行・狩猟の際に両足の覆いとした布帛(ふはく)や毛皮の類。中世武士は騎馬遠行の際の必需品とし、シカの皮を正式として腰から足先までを覆う長いものを着用した。現在も流鏑馬(やぶさめ)の装束に使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

行縢
むかばき
武士が旅や猟をする際に、袴(はかま)の上から着装する服飾品の一種。袴をはいていても、乗馬していばらの道を通れば足を痛めることが多いので、武士はこれをはくことによって、その災いから逃がれることができた。行縢は、「向こう脛巾(はばき)」の語から転じたものである。また、これは鎌倉時代、武家社会において流鏑馬(やぶさめ)、犬追物(いぬおうもの)、笠懸(かさがけ)などを行うときに射手方によって着装され、以後普及したものである。[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐とう カウ‥【行縢】
〘名〙 むかばき。きゃはん。〔色葉字類抄(1177‐81)〕〔詩経箋‐小雅・采菽〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行縢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行縢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.