Rakuten infoseek

辞書

行成【こうぜい】

大辞林 第三版

こうぜい【行成】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いき‐なり【行成】
[1] 〘名〙 (形動)
① 事がらのなりゆきのまま。十分に考えないで軽率にするさまや、やりっぱなしにするさまを表わす。
※洒落本・傾城買指南所(1778)「先おれも、とふとふ勘当をくらった。是からは、行(イキ)なりといふ世界だ」
② 予期する間もなく突然なさま。だしぬけなさま。
※雑俳・柳多留‐一〇(1775)「いきなりにぼんござへねるぶったくり」
③ だらしのないさま、不作法であるさまを表わす。
※洒落本・二蒲団(1801)「いきなりにしりをひんまくり」
[2] 〘副〙 突然に。だしぬけに。初めから。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五「是は大変何様(どう)した事と往(イキ)なりまづ青くなり」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一三「行(イ)きなり何をしてゐるかと問はれはすまいか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆき‐なり【行成】
[1] 〘名〙 (形動)
① 行くにまかせること。
※俳諧・新類題発句集(1793)秋「行きなりに見て居る秋の蛍かな〈冬李〉」
② なりゆきにまかせてすること。なりゆきのまま。なげやり。いきなり。
※浮世草子・椀久一世(1685)下「其後は宿をも定めず行(ユキ)なり川なりに長堀の材木の上に臥しける」
③ 直接であるさま。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「やぐのたぐひはなくてもくるしからねば両人はゆきなりにかたはらへねころぶと」
[2] 〘副〙 前後の考えなく。突然に。だしぬけに。いきなり。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉初「いづみ湯に入るトゆきなりはだかになり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうぜい カウゼイ【行成】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうぜい〔カウゼイ〕【行成】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.