Rakuten infoseek

辞書

行合【ゆきあい】

精選版 日本国語大辞典

ゆき‐あい ‥あひ【行合】
〘名〙
① 出あうこと。また、その所やその時。出あい。出会(しゅっかい)。いきあい。
※万葉(8C後)四・五四六「玉鉾の 道の去相(ゆきあひ)に 天雲の 外(よそ)のみ見つつ こと問はむ」
② 物の交差し、あるいはつらなり並ぶこと。また、そのところ。
※類従本有房集(1182頃)「霜冴る千木のゆきあひにもる月の幾代かみつる住吉の神」
③ 特に、夏と秋、冬と春など隣り合う二つの季節が行き合うこと。次の季節に変わること。また、そのころ。
④ 打合せなしに行なうこと。ぶっつけ本番で行なうこと。
※歌舞伎・色一座梅椿(1812)序幕「そんなら弾き合せなしで、行合(ユキア)ひでやらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆき‐あわ・す ‥あはす【行合】
[1] 〘自サ下二〙 ⇒ゆきあわせる(行合)
[2] 〘自サ五(四)〙 =ゆきあわせる(行合)
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「紙入を証古に表向にするといふところへ、丁度行合(ユキアハ)して聞ば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆき‐あわ・せる ‥あはせる【行合】
〘自サ下一〙 ゆきあは・す 〘自サ下二〙 行ってたまたま出あう。ゆきあわす。
※詞葉新雅(1792)「ユキアワセル いであふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.