Rakuten infoseek

辞書

行合の空【ゆきあいのそら】

精選版 日本国語大辞典

ゆきあい【行合】 の 空(そら)
① 二つの季節が行きかう空。ある季節が去り、次の季節に移り変わろうとする頃の空。
※新古今(1205)夏・二八二「夏衣かたへ凉しくなりぬなりよや深けぬらんゆきあひの空〈慈円〉」
② 牽牛(けんぎゅう)・織女の二星が相会う空。七夕(たなばた)の夜の空。
※金葉(1124‐27)秋・一五一「万代に君ぞ見るべき七夕のゆきあひの空を雲の上にて〈土佐内侍〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行合の空」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行合の空の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.