Rakuten infoseek

辞書

行事【ギョウジ】

デジタル大辞泉

ぎょう‐じ〔ギヤウ‐〕【行事】
恒例として日を定め取り行う催し。「創立記念の行事が執り行われる」「年中行事
おこない。行状。
「第二を―自由の権という」〈小川為治・開化問答〉
平安時代、朝廷の諸儀式をつかさどった役。行事官。
江戸時代、商人や町内の組合などを代表して事務をとった人。行司。
ある事柄を中心となって担当すること。また、その人。責任者。世話人。
「東大寺を造る―の良弁僧正といふ人」〈今昔・一一・一三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎょうじ【行事】
一定の日を決めて行う儀式や催し。 「年中-」
平安時代、朝廷の儀式などの運営に当たる役。行事官。
江戸時代、町内または商人の組合を代表し事務を取り扱った人。行司。
ある事を主として担当すること。また、その人。 「里の刀禰・村の-いできて/大鏡 藤氏物語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょう‐じ ギャウ‥【行事】
〘名〙
恒例として事を執り行なうこと。また、その事柄。催し事。「年中行事
※続日本紀‐天平二年(730)四月甲子「太政官処分。畿内七道諸国主典已上、雖各職掌、至於行事、必応共知
② ある事を主として担当すること。また、その人。責任者。世話人。
※九暦‐九暦抄・天暦三年(949)四月七日「未二刻御南殿、覧擬階奏、左大臣行事、中納言元方取奏」
※平家(13C前)八「皷判官知康、軍(いくさ)の行事うけ給って」
儀式(872)二「為悠紀主基両所検挍、行事四位各一人五位三人」
④ 江戸時代、町内または商人の組合などで、その組合を代表して事務を執り扱う人。行司。
※浄瑠璃・卯月の紅葉(1706頃)上「すぐに出したゆづり状、身がめをふさがぬ其内は、年より・ぎゃうじもふうをきらぬかきをきを」
⑤ おこない。行実。行状。
※九条殿遣誡(947‐960頃)「会人言語莫多。又莫人之行事
⑥ 歌会で、会席一切のことをつかさどる者。
⑦ 寺家経営にあたる寺官の一つ。〔拾芥抄(13‐14C)〕
⑧ 社寺で、恒例として行なう儀式、法会などのこと。また、それを執り行なう人。法会行事。会(え)行事。
※東宝記(1352)「年中行事記云〈略〉已上東寺年中行事双紙載之」
※日次紀事(1685)臨時部「勧進相撲、凡別相撲之勝負行事

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じ カウ‥【行事】
〘名〙
① 事を行なうこと。また、その人やその物事
※史記抄(1477)一一「別の者のした事をも蘇秦がしたやうに云がわるいほどに、行事を列し其侍序を次第についでてきっかとみするぞ」
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「第二を行事(カウジ)自由の権といふ、即長崎の人が東京へ引移らんとも、大坂の人が箱館へ旅行せんとも〈略〉決して阻げらるることなきをいふ」 〔荘子‐天道〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行事の関連情報

他サービスで検索

「行事」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.