Rakuten infoseek

辞書

衆人【シュウジン】

デジタル大辞泉

しゅう‐じん【衆人】
大勢の人。「衆人の注目を集める」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうじん【衆人】
多くの人。大勢の人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐じん【衆人】
〘名〙 (古く「じゅうじん」とも)
① 多くの人。大勢の人。もろ人。諸人。
※続日本紀‐天平勝宝九年(757)七月庚戌「登時衆人共云、時既応過、宜湏立拝
※和漢朗詠(1018頃)下「屈原が楚に在りしに似たり 衆人皆酔へり〈皇甫曾〉」 〔詩経‐周頌・臣工〕
② 普通の人。世間一般の人。
※今昔(1120頃か)一九「就中に此の鹿の射る事、衆人に勝れたる」 〔史記‐予譲伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐じん【衆人】
〘名〙 =しゅうじん(衆人)〔文明本節用集(室町中)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一二「糸竹のしらべに歌舞を尽し、衆人(シュジン)をなぐさめ候はば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐にん【衆人】
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「衆人(シュニン)を将道して、この難をすぎむとす」
※風姿花伝(1400‐02頃)七「この風体の品々も、当世のしゅにん、所々にわたりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衆人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衆人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.