Rakuten infoseek

辞書

血球【ケッキュウ】

デジタル大辞泉

けっ‐きゅう〔‐キウ〕【血球】
血液の成分の一。血漿(けっしょう)中に浮遊している有形成分。赤血球白血球顆粒球単球リンパ球)・血小板がある。血液細胞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

血球
 血液細胞ともいう.血液の中の赤血球,白血球,血小板の総称

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっきゅう【血球 haemocyte】
血球の〈球cyte〉は細胞の意味で,血液中に生理的にみられる細胞成分をいう。血球の起源は,無脊椎動物の間葉組織にみられる運動性貪食細胞ではないかといわれている。体液循環機構のない動物や循環機構があっても閉鎖性循環路をもたない動物では,間葉組織にみられる運動性貪食細胞と血球とは同じものと考えられている。これら貪食細胞は,その胞体内に種々の色素をもち,体内で生じた不要物や外から入ってきた異物を取り込み,胞体内で消化したり,体外へ排除する働きをもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けっきゅう【血球】
血液中の有形成分で血漿中に浮遊するもの。赤血球・白血球・血小板からなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

血球
けっきゅう
血液中に浮遊している細胞で、赤血球、白血球、血小板に大別されるが、白血球はさらに多くの型の血球の総称である。ヒトでは1立方ミリメートル中に、赤血球数は男500万、女450万、白血球は6000~8000、血小板は25万~35万である。
(1)哺乳(ほにゅう)類の赤血球は非運動性の非常に特殊化した細胞で、ヘモグロビンで満たされ、ラクダなど一部の動物を除いて核や小器官を失っている。ヒトの赤血球は両面がへこんだ直径約7マイクロメートルの円板形である。哺乳類以外の脊椎(せきつい)動物の赤血球は有核で、楕円(だえん)形のものが多く、大きさの面でもある種の有尾両生類ではヒトの赤血球の10倍ほどの長さをもつ。無脊椎動物では赤血球は比較的まれで、多毛類、シャミセンガイなどヘムエリトリンをもつ動物だけにみられる。
(2)白血球は運動性の細胞で、血流から結合組織中に出てアメーバ状に運動する。核の形、顆粒(かりゅう)成分などに特徴があって種類の識別ができる。白血球の機能のうちもっとも重要なものは抗体産生および食細胞運動によって外部からの侵入者に対して動物体を保護することである。白血球は顆粒球と無顆粒球とに分類され、顆粒球はさらにその染色性から、酸好性、塩基好性、中性好性の3種に分けられる。無顆粒球にはリンパ球と単球が含まれ、リンパ球は比較的小さく核が細胞質の薄い層によって包まれている。リンパ球には骨髄性のBリンパ球(B細胞)と胸腺(きょうせん)性のTリンパ球(T細胞)があり、見たところ区別できないが、免疫反応における役割の分担をしている。単球は大形の細胞で組織中に出てマクロファージ(大食細胞)となり、肝臓のクッパー細胞などでは特定の器官の内皮に定着する。哺乳類以外の脊椎動物にも白血球が存在するが、酸好性や塩基好性の顆粒球をもたない動物もある。無脊椎動物の白血球には呼吸色素を含んでいるものもある。
(3)血小板は巨核細胞からちぎれて生じた細胞片で、血液凝固に必要である。哺乳類以外の脊椎動物では有核で紡錘形のトロンボ細胞(栓球)が血小板にあたる。
 血球は発生の途中で血島として出現するが、成体では骨髄の造血組織でつくられ、血中に放出される。しかし有袋類やマウスでは脾臓(ひぞう)でも赤血球がつくられる。赤血球の生産は出血、低酸素圧などに反応して増加するが、これは腎臓(じんぞう)で生産されるエリスロポエチンというホルモンによって造血組織が刺激されることによる。赤血球の寿命はヒトでは普通120日ぐらいである。[大岡 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けっ‐きゅう ‥キウ【血球】
〘名〙 (bloedbolletje の訳語) 生体の血液の有形成分。人では赤血球、白血球、血小板などで、血漿(けっしょう)中に浮遊する。全血液重量の四五パーセントで、残りは血漿が占める。絶えず崩壊と補給が繰り返されているが数量はほぼ一定に保たれる。
※内科撰要(1792)一〇「其脈管の端末に至ては極めて微細にして其細血球流通すること無し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血球」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血球の関連情報

他サービスで検索

「血球」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.