Rakuten infoseek

辞書

血漿【けっしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

血漿
けっしょう
plasma
血液中の有形成分 (赤血球,白血球,血小板) を除いた液体成分をいう。透明で淡黄色中性の液体で,血液に凝固防止剤を加えて遠心沈殿するか,低温 (約0℃) で放置すると,上に血漿が,下に血球が分れる。この場合,血漿の占める割合は,男女によって多少異なるが,約 55%である。血漿の組成は,水 (91%) と蛋白質 (7%) が主で,ほかに脂質,糖質,無機塩類残余窒素などが含まれる。残余窒素は非蛋白性窒素化合物ともいわれ,尿素,アミノ酸,尿酸,アンモニアなどがある。血漿蛋白質は,その大部分が肝臓でつくられ,80種以上もあるが,中心はアルブミングロブリンで,ほかに血液凝固に関係するフィブリノーゲン (線維素原) もある。脂質はコレステロール,中性脂肪,レシチンなどから成る。無機塩類 (0.9%) は,ナトリウム,塩素,カリウム,カルシウム,マグネシウムなどで,その組成は海水に近似しており,浸透圧を正常に保つなど,重要な働きをしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けっ‐しょう〔‐シヤウ〕【血×漿】
血液で、血球を除いた液体成分。水分のほかたんぱく質無機塩類糖分・脂肪・窒素化合物などからなり、また、老廃物ホルモン抗体なども含む。細胞の浸透圧水素イオンを一定に保つ働きをする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

血漿
 血液から血球を除いた液状の部分.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっしょう【血漿 blood plasma】
血液から赤血球,白血球,血小板の有形成分を除いた液体成分をいう。血液の約半分(55%)の容積を占める,黄色みをおびた液体で,ヒトの血漿の比重は1.03,pHは7.4±0.05である。血漿を採取するには,ヘパリンなどの抗凝固剤を少量いれた注射器で採血し,得られた血液を遠心分離する。この上澄みが血漿である。抗凝固剤なしに採血し放置すると凝血塊(血餅)から黄色の液体が分離してくる。この液体が血清とよばれるもので,フィブリノーゲンその他の凝固因子の大部分が失われている点が血漿と異なる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けっしょう【血漿】
血液の液状成分。血清とフィブリノーゲンから成る。脊椎動物では水分のほか、タンパク質・糖質・脂質・無機塩類・代謝物質を含み、物質の輸送・ガス交換・血液凝固・免疫に関与するほか、浸透圧や水素イオン濃度の調節などによって内部環境を整えるのに重要な役割を果たす。プラズマ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

血漿
けっしょう
血液中の血球以外の成分をいう。その91%ほどが水分であり、残りは種々の電解質とタンパク質を主体とした有機成分からなる。おもな電解質は、ナトリウム、塩素(クロール)、炭酸水素イオンであり、とくにナトリウムは総陽イオンの約93%を占める。陰イオンは全体の約3分の2を塩素、約5分の1を炭酸水素イオンが占める。血漿の浸透圧は約300ミリオスモルであるが、その96%までが電解質によっている(ミリオスモルmOsmとは、溶液1リットル中に浸透圧に活性な溶質1ミリモルを含むときの浸透圧を表す)。
 血漿タンパク質は、血漿中に6.5~8.0%の割合で含まれている。血漿に硫酸アンモニウムを加え、その半飽和で沈殿するものをグロブリン、飽和濃度で沈殿するものをアルブミンとよび、ともに血漿タンパク質の主要成分である。この方法(塩析)による両者の比(A比)は、1.5~2.2である。比の低下は、肝臓の疾患などにおける重要な指標の一つとされる。血漿タンパク質は、さらにその荷電の程度によって泳動速度が違うことに着目した分類法(チゼリウスの電気泳動法)が開発され、アルブミン、α1-グロブリン、α2-グロブリン、β-グロブリン、γ-グロブリンの各画分などに分画された。これら各タンパク成分の分子量、形、性状には、それぞれ差がある。血漿タンパク質の生理的な働きは次のように集約できる。
(1)栄養源 成人の全血漿中には約200グラムのタンパク質が含まれる。これらは必要に応じて細網内被系の細胞でアミノ酸に分解され、各種組織細胞の栄養源となる。
(2)運搬機能 鉄、銅、ステロイドホルモンなどの脂肪溶解物質を甲状腺(こうじょうせん)ホルモンなどと結合して運搬する。
(3)膠質(こうしつ)浸透圧 血液と組織液間の液体量のバランスを保つ働きをもつ。その75~80%はアルブミンによっている。
(4)緩衝作用 血液の水素イオン濃度(pH)の安定に関係する物理化学的緩衝価の約10%くらいを担っている。
(5)血液凝固 フィブリノゲン、プロトロンビンをはじめとする多数の血液凝固因子が血漿タンパクに含まれる。
(6)免疫 γ-グロブリン画分中には諸種の免疫抗体が含まれ、免疫グロブリン(Ig)と総称される。Igは物理化学的・免疫学的性質から、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEに分類される。[本田良行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けっ‐しょう ‥シャウ【血漿】
〘名〙 生体の血液の液状成分。人では、ふつう淡黄色で、水分、たんぱく質のほか脂質、無機塩類、糖質などからなる。細胞の浸透圧や水素イオンを一定に保つ働きをする。フィブリノーゲンを含む点で血清と異なる。プラズマ。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

血漿
ケッショウ
blood plasma

血液から赤血球,白血球,血小板,そのほかの細胞成分を遠心により取り除いた液体を血漿という.生体に必要なイオン,無機および有機化合物を組織に運搬するとともに,不必要になった物質を腎臓に送る重要な役割を果たしている.採血後,ただちに血液凝固阻止剤(クエン酸塩,ヘパリンあるいはエチレンジアミン四酢酸(EDTA))を加え,有形成分を除去して得られる淡黄色の液体で,粘ちゅう度が高い.ヒトの血漿は pH 7.35~7.45,1.027である.正常人では全血の50~60%(容積)が血漿で,そのうち90~92% が水,7~8% が血漿タンパク質,0.9% が無機塩,そのほかはタンパク質以外の有機物である.ヒト血漿成分を表に示す.血漿タンパク質は血管内血液の浸透圧の調節をつかさどるとともに,pH 変化に対する緩衝能を示し,アルブミングロブリンフィブリノーゲンなどの分画に分類される.それぞれのタンパク質は抗体血液凝固因子補体,および低分子物質と結合してその運搬をつかさどるものなど,特殊な生理機能を有するものが多い.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血漿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血漿の関連情報

他サービスで検索

「血漿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.