Rakuten infoseek

辞書

血小板【けっしょうばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

血小板
けっしょうばん
platelet
血球,赤血球とともに血液中の有形成分の一つで,止血血液凝固にきわめて重要な役割を果す小細胞片。正常人では,血液 1mm3中に 12~40万個含まれる。血小板は,血管外に出るともろく,凝集しやすい。小血管が損傷すると,数秒後には血小板が血管表面に付着し,互いにくっつき (凝集) ,すみやかに小さい血栓をつくって,止血に役立つ。血小板には,種々の凝固因子や血餅退縮現象に必要な物質が含まれており,これまで第 IX因子まで提唱されているが,最も重要なのは血液凝固因子の第 III因子 (血小板第 III因子) である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けっ‐しょうばん〔‐セウバン〕【血小板】
血液の成分の一。血液を凝固させ止血作用がある。直径2~3マイクロメートルの細胞小片。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

血小板
 直径1〜2mmの核のない細胞で,骨髄で作られ,血液凝固に重要な役割を果たす.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっしょうばん【血小板 thrombocyte】
血液中の血球の一つで,顕微鏡下でごみのように見える小体。直径1~3μmで,骨髄内の巨核球と呼ばれる母細胞の細胞質がちぎれて血液中に出現したものである。正常では,血液1mm3当りおよそ15万~30万個存在し,循環血中での寿命は約10日である。血小板の細胞膜は血管以外の異物に粘着しやすい性質を有し,また細胞内に含まれている化学物質を放出して血小板どうしが互いに凝集して細胞塊を形成する。このような性質があるため,血管が破れると血小板が粘着,凝集して破れた部位に栓をして,出血を止めるのに重要な役割をはたす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けっしょうばん【血小板】
血液の有形成分の一。無核でさまざまな形をした2~4マイクロメートルの小体。骨髄巨核球からつくられる。血液凝固に重要な働きをする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

血小板
けっしょうばん
骨髄にある多形核巨大細胞の細胞質からちぎれて生じ、流血中に入った有形成分をいう。径2~4マイクロメートルの顆粒(かりゅう)をもった無核の小体である。血中の濃度は1立方ミリメートル中25万~35万個で、半減期は約7日である。血小板中には、筋原線維(筋線維内で収縮をつかさどる細い線維)の中に含まれているものと同じアクチンやミオシン、さらにグリコーゲン、リボソームが含まれている。その顆粒の一種には、アデノシン二リン酸(ADP)、アデノシン三リン酸(ATP)、セロトニン、カルシウムを含み、他の顆粒中には血液凝固因子その他のタンパク質を含む。
 血管壁が損傷されると、血小板は、そこの露出したコラーゲン(硬タンパク質)に粘着し、周辺部の細管から顆粒の内容物を放出する。このとき、分泌されたセロトニンは損傷部位の血管を収縮させる。ADPは他の血小板を粘着させ、その顆粒内容物の放出を促す。このような血小板の集まりは、赤血球が入っていないので白色血栓(白栓)という。白色血栓は、損傷された血管からの出血を抑えるうえで、重要な第一歩の過程とされている。
 血小板の生成は、血流中に存在するトロンボポイエチン、または血小板生成促進因子(TSF)とよばれる物質によって調節される。この物質は多形核巨大細胞の生成と成熟を促進する。[本田良行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けっ‐しょうばん ‥セウバン【血小板】
〘名〙 血液中の有形成分の一つ。核のない、不規則な形の小体で、骨髄にある巨大核細胞からつくられる。ヒトの血液一立方ミリメートル中に一五~三五万存在。血液凝固に重要な働きをする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血小板」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血小板の関連情報

他サービスで検索

「血小板」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.