Rakuten infoseek

辞書

血中濃度【けっちゅうのうど】

世界大百科事典 第2版

けっちゅうのうど【血中濃度 blood concentration】
血液中に溶けている物質の濃度。採血を行って測定し,注目する物質の血液1ml中に含まれる重量で表示したり(たとえばmg/ml),%で表示したりする。測定の対象となる物質は,栄養物質や作用物質(たとえば脂質,タンパク質,糖,ホルモンなど)や組織からもれ出てくる酵素など,身体の常在成分の場合と,薬物など,本質的には身体にとって異物であるものの場合とがある。身体の常在成分の濃度は生理状態や病的状態によって影響されるので,これらはいわゆる臨床検査データとして意味をもち,病気の診断や病状の判断の資料として用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

血中濃度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血中濃度の関連情報

他サービスで検索

「血中濃度」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.