Rakuten infoseek

辞書

蝸牛【かぎゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蝸牛
かぎゅう
cochlea
内耳の一部を構成する音の受容器官カタツムリの殻状をした骨性迷路で,ラセン器を備えた膜性迷路である蝸牛管がこの内部に収められている。音の振動は,外耳,中耳を経て前庭窓から蝸牛内部の外リンパ液に伝えられる。蝸牛は哺乳類で最も発達しており,魚類では未発達。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ぎゅう〔クワギウ〕【×蝸牛】
かたつむり。
内耳の一部で、カタツムリの殻状をした聴覚にたずさわる器官。基底膜などによって三つに仕切られ、人間で2回半ほど巻き、中は内リンパで満たされている。底部内耳道に面し、伝わってきた音を受ける神経終末が分布する。渦巻き管。蝸牛殻

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かぎゅう【蝸牛】[狂言]
狂言。やぶかたつむりを取りに行かされた太郎冠者は、山伏をかたつむりと思い込み、連れ帰ろうとして山伏になぶられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐つぶり【蝸牛】
《「つぶり」は円い巻き貝のこと。「かた」は「固い」の「かた」とも「(かさ)」の音変化ともいう》「かたつむり」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐つむり【蝸牛】
《「かたつぶり」の音変化》腹足綱有肺亜綱に属する陸生の巻き貝のうち、大形のものの総称。殻は旋(らせん)形で右巻きが多く、殻から頭や胴の一部を出して移動。頭に二対の触角を備え、長いほうの先端に目がある。湿気を好み、木の新葉や野菜を食べ、梅雨期に土中に産卵。まいまい。まいまいつぶろ。でんでんむし。かぎゅう。 夏》「今朝見れば夜の歩みや―/太祇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんでん‐むし【蝸牛】
《「ででむし」の音変化》カタツムリ別名 夏》「角出して―の涼みゐる/月斗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんで‐むし【蝸牛】
《「ででむし」の音変化》カタツムリの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

蝸牛
 内耳の一部で,かたつむり状の聴覚受容器.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぎゅう【蝸牛】
狂言の曲名。山伏狂言出羽羽黒山から出た山伏が,大和葛城(かつらぎ)山で修行を積んでの帰り道,竹やぶの中でひと寝入りしている。そこへ,主命で,長寿の薬になるというかたつむりを求めにきた太郎冠者(かじや)が出くわす。太郎冠者は,かたつむりがどんなものか知らないまま,黒い兜巾(ときん)をいただいた山伏をかたつむりと思い,声をかける。山伏は太郎冠者をからかってやろうと,ほら貝を見せたり角を出すまねをして見せるので,太郎冠者は山伏をかたつむりだと信じこみ,人のもとへ連れて行こうとする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かぎゅう【蝸牛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぎゅう【蝸牛】
かたつむりに同じ。
狂言の一。蝸牛かたつむりを知らぬ太郎冠者が、山伏をそれと思って失敗する。
渦巻うずまき管のこと。
[句項目] 蝸牛角上の争い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かたつぶり【蝸牛】
カタツムリに同じ。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かたつむり【蝸牛】
かたつぶりの転
軟体動物腹足綱のうち陸上にすむ貝類の総称。普通は右巻きの殻をもつ。二対の触角の長い方の先端に目がある。雌雄同体。食用になる種類もあり、フランス料理で使われる。マイマイ。マイマイツブロ。デンデンムシ。かぎゅう。 [季] 夏。 角出して這はでやみけり- /太祇

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんでんむし【蝸牛】
ででむしの転
カタツムリの異名。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蝸牛 (カタツムリ・マイマイ)
動物。陸性巻き貝でマイマイ超科のものの総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ぎゅう クヮギウ【蝸牛】
[1] 〘名〙 =かたつむり(蝸牛)・夏》
※扶桑集(995‐999頃)七・与野土唱和往復之後余思未洩更勒二章以代懐〈惟良春道〉「蝸牛有舎客身隠、檻虎顔作気難」 〔爾雅注‐釈魚〕
[2] 狂言。各流。長寿の薬の蝸牛をとってくるように主(しゅう)に命ぜられた太郎冠者が、山伏を蝸牛と間違え、さんざんになぶられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐つび【蝸牛】
〘名〙 (潟(かた)の螺(つび)の意かという) 「かたつむり(蝸牛)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐つぶり【蝸牛】
〘名〙 =かたつむり(蝸牛)《季・夏》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※堤中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「いぼじり・かたつぶりなどを取り集て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐つむり【蝸牛】
〘名〙 (「かたつぶり」の変化した語) 軟体動物、有肺類に属する大形陸貝の総称。前鰓類のヤマタニシなど陸産の種を含めることもある。殻は右巻きのものが多い。頭や胴体の一部を殻の外に出して移動するが、乾燥時や驚いた時は殻の中にひっこめる。頭に二対の触角があり、長い方の一対の先端に明暗を識別できる目がある。短い方の一対は、化学物質を感じる器官といわれている。柔らかい体の表面は粘液でおおわれる。血管が網状に集まって肺の働きをする外套腔(がいとうこう)で呼吸する。口にはやすり状になった歯舌があり、これで主に枯死した草や木の葉などをなめるようにして食べ、農作物に害を与えることもある。雌雄同体で、土中に卵を産む。ふつうにみられるオナジマイマイのほか、クロイワマイマイ、ウスカワマイマイなど日本では約六〇〇種ほど知られている。でんでんむし。かたつぶり。かいつむり。まいまい。まいまいつぶろ。まいまいつぶり。かぎゅう。ででむし。《季・夏》
※天理本狂言・蝸牛(室町末‐近世初)「かたつむりを用れは其ままよひと申程に、せがれをよび出しかたつふりを取にやらうと云てよひ出す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でで‐むし【蝸牛】
〘名〙 (「でで」は、「角(つの)よ出い出い」の意) 「かたつむり(蝸牛)」の異名。でんでんむし。《季・夏》 〔俳諧・をだまき(元祿四年本)(1691)〕
※俳諧・広原海(1703)一「蝸牛(テテムシ)のでそこなひなり蚰蜒(なめくじり)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんでん‐でむし【蝸牛】
〘名〙 「かたつむり(蝸牛)」の異名。
※浄瑠璃・和田合戦女舞鶴(1736)一「蛇と蛙の真中へでんでん蝸牛(デムシ)の笄わげ。つのめかなめとにらみ合ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんでん‐むし【蝸牛】
〘名〙 (「ででむし」の変化した語) 「かたつむり(蝸牛)」の異名。《季・夏》 〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐つむり【蝸牛】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝸牛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蝸牛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.