Rakuten infoseek

辞書

蜻蛉を切る【とんぼをきる】

大辞林 第三版

とんぼをきる【蜻蛉を切る】
宙返りをする。特に歌舞伎で、投げられたときなどに宙返りをする。とんぼを返る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とんぼ【蜻蛉】 を 切(き)
歌舞伎のたての演技で、空中でとんぼ返りをする。
※現代風俗帖(1952)〈木村荘八〉幕間「年八十を越えたこの老優が実盛物語の瀬尾で落入りにトンボを切る(でんぐる返しを打つ)のは、悲壮です」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜻蛉を切る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜻蛉を切るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.