Rakuten infoseek

辞書

蜜豆【みつまめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蜜豆
みつまめ
冷菓の一種さいの目に切った寒天の中に,塩ゆでにした赤えんどうと煮た干しあんずを入れ,糖蜜を掛けたものが原型。最初は場末駄菓子屋で子供向けに売られていたが,銀座の喫茶店で売出されてから大好評を博し,その後,あんを載せたあんもできた。今日では,白玉求肥,あんず,みかん,バナナいちごなどの果物類を加えたフルーツ蜜のほか,アイスクリーム類を載せたクリーム蜜豆や,カップ入りや缶詰もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みつ‐まめ【蜜豆】
賽(さい)の目に切った寒天に、ゆでた赤豌豆(えんどう)や求肥(ぎゅうひ)・果物などを加え、糖蜜をかけた食べ物 夏》「―の寒天の稜(かど)の涼しさよ/青邨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

みつまめ【蜜豆】
ゆでた赤えんどう、さいの目切りにした寒天、求肥(ぎゅうひ)、果物などを器に盛り、糖みつをかけたもの。◇江戸末期、糝粉餅(しんこもち)で作った舟にえんどうや小さく切った糝粉餅を入れ、みつをかけたものを屋台で売っていたのが起源とされる。現在のものは、1903(明治36)年、東京・浅草の和菓子店「舟和(ふなわ)」の小林和助が考案したものとされるが、異説もある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みつまめ【蜜豆】
ゆでた赤豌豆えんどうや寒天・求肥ぎゆうひ・白玉・果物などを盛りつけ、糖蜜をかけた食べ物。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みつ‐まめ【蜜豆】
〘名〙 ゆでた赤豌豆、の目に切った寒天、果物などを容器に盛り、蜜をかけて食べるもの。《・夏》
※都新聞‐明治三五年(1902)一月二四日「蜜豆を買ひ来させて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜜豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜜豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.