Rakuten infoseek

辞書

【シジミ】

デジタル大辞泉

しじみ【×蜆】
シジミ科の二枚貝の総称。貝殻は三角形で、殻表は多くは黒色で輪脈がある。淡水にすむマシジミ、海水のまじる河口近くにすむヤマトシジミ琵琶湖水系にすむセタシジミなどがある。食用 春》「すり鉢に薄紫の―かな/子規
[補説]作品名別項。→シジミ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しじみ【蜆】
シジミ科の二枚貝の総称。貝殻は丸みを帯びた三角形で、表面に輪状の成長脈をもつ。殻表は多くは黒褐色。マシジミは湖・川に、ヤマトシジミは河口に、セタシジミは琵琶湖水系に分布。いずれも食用となる。蜆貝。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蜆 (シジミ)
動物。シジミ科の貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しじみ【蜆】
〘名〙 シジミ科に属する二枚貝の総称。殻は三角形で、通常殻長約三センチメートル。表面はオリーブ色または黒色で輪脈があり、内面は紫色を帯びる。日本には純淡水産のマシジミ、海水のまじる河口付近にすむヤマトシジミ、琵琶湖水系にすむセタシジミ、奄美諸島以南にすむ大形のヒルギシジミガイなどが生息。マシジミは卵胎生または卵生で、他は卵生。多くはみそ汁にされ、また黄疸(おうだん)の薬とされる。しじみがい。《季・春》
※万葉(8C後)六・九九七「住吉の粉浜の四時美(シジミ)開けも見ず隠りてのみや恋ひ渡りなむ」
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)五「蜆は京坂にては或は貝のまま売るあり。或は石灰を交へ煮て殻を去て売るもあり。〈略〉江戸には殻を去りたる蜆無之」
[語誌](1)縄文・彌生の遺跡から多く出土し、文献では「播磨風土記‐美嚢」に、履中天皇がシジミを食した記事があるなど、古くから食用にしていた。
(2)琵琶湖のものは、室町時代に「ししみ取る堅田の浦のあま人よこまかに言はばかひぞあるべき」〔為尹千首‐恋〕という堅田のものを詠んだ歌があるが、近世には瀬田の名産とされた。
(3)江戸文学などでは、零細な元手で商売できるので、しじみ売りは貧乏人の典型となっていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しじめ【蜆】
〘名〙 「しじみ(蜆)」の変化した語。
※本草色葉抄(1284)「蜆 シシメ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.