Rakuten infoseek

辞書

蜂起【ホウキ】

デジタル大辞泉

ほう‐き【蜂起】
[名](スル)ハチが巣から一斉に飛びたつように、大勢が一時に暴動・反乱などの行動を起こすこと。「悪政に抗して人民が蜂起する」「武装蜂起

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうき【蜂起】
スル
大勢の者が一斉に行動を起こすこと。 反乱軍が各地で-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐き【蜂起】
〘名〙
① 大勢の者がさかんに言いたてること。鋒起。
※懐風藻(751)釈智蔵伝「臨於試業〈略〉辞義峻遠、音詞雅麗。論雖蜂起、応対如流」
② 多くの者が一斉に暴動をおこすこと。
※後二条師通記‐寛治七年(1093)一〇月一〇日「参殿、令御表給、天台山并興福寺大衆蜂起、仍令奉之故也」
※太平記(14C後)二六「遠国又蜂起(ホウキ)しぬと告ければ」 〔史記‐項羽本紀〕
③ 中世、寺院で行なわれた僧の集会。祓(はら)えや清めにかかわって行なわれ、特に人に罪を科する時、あるいは赦免する時に開かれた。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)諸会篇本「即大衆蜂起可尋常之由同及沙汰

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜂起」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜂起の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.