Rakuten infoseek

辞書

蛭児【ひるこ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

蛭児 ひるこ
記・紀にみえる
伊奘諾(いざなぎのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)との間に最初に生まれた手足のなえた子。船にのせられて流されたという。「日本書紀」では日の神,月の神と同時に生まれ,3年たっても足がたたなかったとある。蛭児は後世恵比寿信仰とむすびついた。「古事記」では水蛭子

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ひるこ【蛭児】
《古事記》《日本書紀》の伊弉諾(いざなき)尊・伊弉冉(いざなみ)尊の神話にあらわれる不具の子。記では水蛭子(ひるこ)と記す。その名は蛭のような骨なしの体を示している。《古事記》の水蛭子は,イザナキ・イザナミの〈みとのまぐわい〉(聖婚)による最初の子で,同時に生まれた〈淡島(あわしま)〉がやはり不作の子であった。つまりはじめは失敗し,つぎに成功するという説話の型がふまれており,以後,2神は順調に日本の島々を生み出していく筋立てとなっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蛭児
ひるこ
記紀神話で、弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)二神の間に最初に生まれた手足の萎(な)えた子。葦舟(あしぶね)または磐楠(いわくす)舟に乗せて流し捨てられるが、その名義の「ひる」は「霊(ひ)」の動詞化、あるいは「日(ひ)」に助詞「の」の古語「る」を付したもので、「ひるこ」は天照大神(あまてらすおおみかみ)(大日霊貴(おおひるめのむち))の名と一対となる。わが国には、空舟(むなぶね)に乗って水上を来臨し、尊貴な存在として出現する伝承が多く、蛭児の流し捨てもこの神話の発想を基とする。また後世には、恵比須(えびす)神と付会して信仰されることもあった。[吉井 巖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛭児」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛭児の関連情報

他サービスで検索

「蛭児」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.