Rakuten infoseek

辞書

【ジャ】

デジタル大辞泉

じゃ【蛇】
大きなヘビの総称。おろち。うわばみ。「鬼が住むかが住むか」
《「蛇之助」の略》大酒飲み。酒豪。
「どちらへ似ても―の子孫」〈浄・淀鯉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃ【蛇】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジャ(呉) (慣) [訓]へび くちなわ
〈ジャ〉
へび。「蛇身大蛇毒蛇
へびの形に似たもの。「蛇口(じゃぐち)蛇腹(じゃばら)
〈ダ〉へび。「蛇蝎(だかつ)蛇行蛇足長蛇竜頭蛇尾
〈へび〉「海蛇毒蛇錦蛇(にしきへび)
[難読]蟒蛇(うわばみ)大蛇(おろち)赤楝蛇(やまかがし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へび【蛇】
《「へみ」の音変化》有(ゆうりん)目ヘビ亜目の爬虫(はちゅう)類総称。体は円筒形で細長く、四肢を欠く。全うろこにおおわれ、腹部のうろこを起伏させながら体をくねらせて進む。舌は先が二つに分かれ、空気の振動やにおい、温度差を感じ取る。目は1枚の膜に覆われ、まぶたは固着していて動かない。卵生または卵胎生。カエル・ネズミ・小鳥や鳥の卵を捕り、丸飲みする。アオダイショウなど無毒のもの、マムシハブなど有毒のものがある。南極を除く各大陸に広く分布するが、熱帯・亜熱帯に多い。一般に、執念深いなどとして人に嫌われるが、神の使いなどともされる。くちなわ。ながむし。かがち。 夏》「―逃げて我を見し眼の草に残る/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へみ【蛇】
へび(蛇)」に同じ。
「四つの―五つの鬼(もの)の集まれる穢(きたな)き身をば」〈仏足石歌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くち‐なわ〔‐なは〕【蛇】
《形が朽ちたに似ているところから》ヘビの別名。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だ【蛇】[漢字項目]
じゃ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃ【蛇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くちなわ【蛇】
一説に形が朽ち縄に似るところから
ヘビの異名。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃ【蛇】
へび。おろち。うわばみ。 鬼が出るか-が出るか
大酒飲み。蛇之助じやのすけどちらへ似ても-の子孫/浄瑠璃・淀鯉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へび【蛇】
有鱗目ヘビ亜目の爬虫類の総称。体は細長い円柱形。体長は約10センチメートルから10メートルに及ぶ種までさまざま。四肢を欠き、体をくねらせながら前進する。全身が鱗うろこでおおわれ、表皮が古くなると脱皮する。聴覚はないが、震動やにおいには敏感。卵生または卵胎生。舌は細く、先端が二本に分かれる。小動物を捕食し、鳥の卵も食べる。牙きばから毒を出す種がある。ほとんどが温・熱帯に分布し、温帯にすむ種は冬眠する。蛙を好むといわれ、また、執念深いなどと嫌われる。古くから人間に恐れられてきた反面、神の使いや大地の主として崇められ、神話・伝説・怪奇物語などに登場する。世界に約2700種が知られる。ナガムシ。古名、くちなわ。かがち。 [季] 夏。 -逃げて我を見し眼の草に残る /虚子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へみ【蛇】
へび。 四つの-五つの鬼ものの集まれるきたなき身をば厭いとひ捨つべし離れ捨つべし/仏足石歌

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蛇 (ヘビ)
動物。ヘビ類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くち‐なわ ‥なは【蛇】
〘名〙 「へび(蛇)」の異名。《・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
※徒然草(1331頃)二〇七「大きなるくちなは、数もしらずこりあつまりたる塚ありけり」
[語誌]平安時代には「へみ」とともに無毒の蛇の総称であった。「へみ」はすでに「仏足石歌」などの資料に見えるが、「くちなは」は平安以降の和文脈で用いられることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃ【蛇】
〘名〙
① 大きなヘビの総称。また、古代中国の想像上の動物。龍に似て、手足がない。おろち。うわばみ。大蛇。だ。
※古本説話集(1130頃か)五五「釈迦仏(さかほとけ)、道をおはしけるに、黄金(こがね)を多く埋みたるを御らんじて、そのじゃの上な踏みそと仰せられければ」 〔詩経‐小雅・斯干〕
② 富士権現で土産として売っている麦わらのへビ。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)四「みやげに買った蛇の舌でうそを付」
③ 大酒飲みをいう。酒豪。大酒家。蛇之助(じゃのすけ)。うわばみ。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「親茂庵といふたも命を酒にかへられた、鯉殿の母ごぜももとはここにつとめた人、どちらへにても蛇(ジャ)のしそん」
④ 取引市場付近で仲買人などによって行なわれる賭博の一つ。数枚の銅貨をかさね、一番下の銅貨の裏表にかけるもの。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だ【蛇】
〘名〙 ヘビ。じゃ。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「繊(ほそ)き蛇(ダ)の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へび【蛇】
〘名〙
① 爬虫類有鱗(ゆうりん)目ヘビ亜目に属する動物の総称。体は細長い円筒形で、縄状を呈する。体表は小鱗でおおわれ、四肢は退化・消失している。口は大きく開き、きわめて大きな獲物でも飲みこむ。舌は細長く、先端は二またに分かれる。腹面のうろこは前進運動をたすける。口内に毒牙を持つもの(毒ヘビ)もあり、人畜に被害を与える。シマヘビ、アオダイショウ、ニシキヘビ、マムシ、コブラ、ハブなど。へみ。くちなわ。ながむし。《季・夏》
※源平盛衰記(14C前)一四「大なる蛇(ヘビ)はひ出て、重盛の右の膝の下へはい入けり」
② (比喩的に) 執念深いこと。また、その人。
[補注]上代には「へみ」と呼ばれていたが、平安時代に「くちなは」が現われ、「へみ」と共存した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へみ【蛇】
〘名〙 =へび(蛇)①《季・夏》
※仏足石歌(753頃)「四つの閇美(ヘミ)五つの鬼(もの)の 集まれる穢(きたな)き身をば 厭(いと)ひ捨つべし 離れ捨つべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.