Rakuten infoseek

辞書

蛇貝【ヘビガイ】

デジタル大辞泉

へび‐がい〔‐がひ〕【蛇貝】
ムカデガイ科の巻き貝総称貝殻管状で、不規則に巻き、に固着する姿がとぐろを巻いたに似る。日本近海ではオオヘビガイなどがみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へびがい【蛇貝】
海産の巻貝で、殻が蛇がとぐろを巻いたように見えるものの総称。殻は管状・灰白色で不規則に伸びる。海岸の岩石などに固着する。オオヘビガイ・フタモチヘビガイなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃ‐がい ‥がひ【蛇貝】
〘名〙 へびがい(蛇貝)」の異名

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へび‐がい ‥がひ【蛇貝】
〘名〙 ムカデガイ科に属し、がとぐろを巻いた蛇のように見える貝の総称。殻は管状で不規則にねじれ、岩に固着する。粘液のように張り、付着したプランクトンなどを食べる習性がある。日本近海に約一〇種知られる。代表種のオオヘビガイは北海道南部以南の潮間帯の岩礁にふつうに見られ、肉は食用のほか釣餌に用いる。じゃがい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛇貝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛇貝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.