Rakuten infoseek

辞書

蛇の目【じゃのめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蛇の目
じゃのめ
相撲で土俵外側に 20cmほどのを敷いた部分をさしていう。踏み越し,踏み切りを判明しやすくするためのもの。元来は二重土俵のと外の間に砂を敷いていたのが,1931 (昭和6) 年夏,土俵の直径が 13尺 (3.94m) から 15尺 (4.55m) に広がり一重土俵に変わったので,現在のようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゃ‐の‐め【蛇の目】
ヘビの目。また、それに似た、意地悪く冷酷そうな目。
ヘビの目のように太い輪の形をした図形。また、その形の紋所の名。
蛇の目傘」の
蛇の目回し」の略。
蛇の目の砂」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃのめ【蛇の目】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゃのめ【蛇の目】
大小二つの同心円からなる文様・家紋。弦巻つるまきにかたどったもの。 水の面にほつつりと一つ雨点の落ちて-を画く/自然と人生 蘆花
建築で用いる輪形の鉄の金具。肘壺ひじつぼの間に、摩擦を少なくするために差し込む輪など。
「蛇の目傘」の略。
「蛇の目回し」の略。
陶磁器を重ねて焼く時に、重ねた物どうしがくっつかないように下になる器物の内面の釉うわぐすりを丸くはがした跡。
キュウリなどの芯をくり抜き、小口切りにしたもの。のような形になることから。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛇の目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛇の目の関連情報

関連キーワード

遊動円木最上型重巡洋艦オカトラノオ海氷コバイケイソウシロチョウガイダイアンサスハダカイワシマベガイモンステラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.