Rakuten infoseek

辞書

虫の合方【ムシノアイカタ】

デジタル大辞泉

むし‐の‐あいかた〔‐あひかた〕【虫の合方】
歌舞伎下座音楽の一。の声をうつした本調子の三味線曲。静かな秋の夜や寂しい野原の情景を表すときに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むしのあいかた【虫の合方】
歌舞伎の下座音楽の一。大鼓・小鼓・松虫・オルゴールを交えた三味線曲で、世話狂言のさびしい情景を表す。「塩原多助」の庚申塚こうしんづかの場や「忍ぶの惣太」の梅若殺しの場など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むし【虫】 の 合方(あいかた)
歌舞伎下座音楽の一つ。秋の夜の寂しい場面に用いる本調子の合方虫笛をかぶせることもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虫の合方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虫の合方の関連情報

他サービスで検索

「虫の合方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.