Rakuten infoseek

辞書

虚血性心不全【きょけつせいしんふぜん】

知恵蔵mini

虚血性心不全
心臓の筋肉(心筋)への血流が阻害されることにより起こる心臓病の総称。心筋に栄養を送る血管である「冠状動脈」が、動脈硬化などを原因とし狭窄(きょうさく)・閉塞することで発症する。虚血性心疾患とも言われ、代表的なものとして狭心症心筋梗塞(こうそく)がある。胸部の苦悶感や激しい痛み、悪心・嘔吐(おうと)などが起こり、多くは早期に適切な対処を行えば救命される。しかし急激に心臓の機能が低下し数分で心肺停止した場合には、すぐに救命措置を行ってもほとんどの場合救命できない。このようにして死亡に至った場合、特に虚血性心不全と呼ばれることが多い。
(2016-4-28)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虚血性心不全」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虚血性心不全の関連情報

他サービスで検索

「虚血性心不全」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.