Rakuten infoseek

辞書

蘆津実全【あしづ じつぜん】

美術人名辞典

蘆津実全
臨済宗の僧。永源寺派管長。和歌山県生。諱は実全道号は石蓮、号は津梁軒。天台宗明王院の諄公について出家し、上京して荻野独園・東岳承皎に禅を学ぶ。のち臨済宗に転じた。大正10年(1921)寂、72才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

蘆津実全 あしづ-じつぜん
1850-1921 明治-大正時代の僧。
嘉永(かえい)3年9月4日生まれ。明王院で出家し,天台学をまなぶ。東京で荻野独園(おぎの-どくおん)に師事し,その法をつぐ。明治26年釈宗演(しゃく-そうえん)らとシカゴの万国宗教大会に出席。31年臨済宗(りんざいしゅう)にうつり,36年同宗永源寺派管長。大正10年3月9日死去。72歳。紀伊(きい)和歌山出身。号は石蓮,津梁軒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

蘆津実全」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蘆津実全の関連情報

他サービスで検索

「蘆津実全」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.