Rakuten infoseek

辞書

【イ】

デジタル大辞泉

い〔ゐ〕【×藺】
イグサ科の多年草。湿地に自生し、また、水田で栽培する。高さ約1メートル。茎は円柱形。葉はうろこ状。夏、緑褐色の花をつけ、苞(ほう)を長く伸ばす。茎は畳表・花むしろの材料。白い髄は、昔、灯心に用いた。灯心草。あかりも。いぐさ。 夏》「―の花を見て雨ごもり居たりけり/秋桜子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

い【藺】
イグサ科の多年草。北半球に広く分布。茎は高さ1メートルに達し、節がない。葉は退化して少数の葉鞘ようしようが茎の基部につく。夏、茎頂に淡緑色の小花を密につける。栽培されて茎は花筵はなむしろ・畳表などの材料とし、髄ずいは灯心にした。イグサ。灯心草。 [季] 夏。 -の水に佇めば雲流れけり /大橋越央子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

藺 (イ)
学名:Juncus effusus var.decipiens
植物。イグサ科の多年草,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

【藺】
〘名〙 イグサ科の多年草。各地の湿地に生え、また、岡山、広島、熊本などの諸県で水田に栽培もされる。高さ六〇~一二〇センチメートル。地下茎は泥中を横にはい、茎を密に直立させる。茎は円柱形で表面は緑色、内部に白い髄がある。葉は退化し、茎の下部にさや状鱗片(りんぺん)となって付く。茎を刈って畳表、花むしろ、笠、草履などを作り、また、茎の髄は昔、灯心に用いられた。あかりも。とうしんそう。いぐさ。《季・夏》〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※俳諧・猿蓑(1691)五「昼ねぶる青鷺の身のたふとさよ〈芭蕉〉 しょろしょろ水に藺のそよぐらん〈凡兆〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いい ゐい【藺】
〘名〙 (「い」を長く発音した語) い。いぐさ。
※延喜式(927)三九「年料〈略〉尾張国〈為伊(ゐい)二担廿壺〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.