Rakuten infoseek

辞書

藪畳【ヤブダタミ】

デジタル大辞泉

やぶ‐だたみ【×藪畳】
一面に茂った藪。藪がいく重にも重なって茂っている所。
歌舞伎大道具の一。木の枠に1メートル前後の葉竹をすきまなく取り付けたもので、笹藪に擬して用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やぶ‐だたみ【藪畳】
〘名〙
① 藪が一面に重なって茂っている所。
※俳諧・毛吹草(1638)五「若竹の葉や面がへ藪たたみ〈定時〉」
② 歌舞伎の大道具の一つ。葉の茂った竹を短く切り取り、それをたばねて木の枠に取り付けたもの。幅四、五尺(約一・二ないし一・五メートル)、高さ三、四尺(約〇・九メートルないし一・二メートル)程度に作ったものをいくつか並べ、竹藪のように見せかける。藪垣
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「平舞台。見附、高塀。東西藪畳」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藪畳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藪畳の関連情報

他サービスで検索

「藪畳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.