Rakuten infoseek

辞書

藤田組贋札事件【ふじたぐみがんさつじけん】

世界大百科事典 第2版

ふじたぐみがんさつじけん【藤田組贋札事件】
明治初期に大阪の政商藤田組が長州閥の井上馨と贋札を製造したという疑惑事件。1878年末以来各地で贋札が発見され,手代の密告から1879年9月藤田組幹部の藤田伝三郎,中野梧一が犯人として逮捕された。藤田組は長州藩奇兵隊出身の藤田伝三郎と久原庄三郎らが創立した商社で,長州閥とくに井上の庇護により急成長した。中野梧一は旧幕臣(前名斎藤辰吉)であるが,廃藩置県後大蔵大輔の井上に見いだされ初代山口県令となり,のち辞任して藤田組に投じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤田組贋札事件
ふじたぐみがんさつじけん
藤田組が長州藩出身の井上馨(かおる)と結託して、贋札を発行したとして嫌疑をかけられた事件。1878年(明治11)12月、府県からの地租などの貢納金のなかに贋札が発見され、藤田組にも嫌疑がかかった。翌年9月には家宅捜索を受け、幹部の藤田伝三郎、中野梧一(ごいち)らが検挙された。ドイツに滞在中の井上が藤田組の営業資金にしようとしてドイツで紙幣を偽造したと伝えられたためである。事件そのものは藤田組に関係なかったが、明治初年以降の藤田組の急激な成長が藩閥政府の官僚との癒着によっていたため、おりからの自由民権運動のなかで政治問題化したのである。[加藤幸三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤田組贋札事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤田組贋札事件の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.