Rakuten infoseek

辞書

藤堂氏【とうどううじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤堂氏
とうどううじ
江戸時代の大名。天武天皇の皇子舎人 (とねり) 親王の出で,平安時代,近江国愛智郡の大領家となり,その一族が犬上郡藤堂村に住して藤堂氏を称したという。高虎 (→藤堂高虎 ) のとき,初め浅井氏,さらに織田氏,豊臣氏に仕え,文禄4 (1595) 年伊予国に8万石を与えられた。のち徳川家康に仕え,関ヶ原の戦いののち,12万石を受け,宇和島城主を経て,慶長 13 (1608) 年伊勢安濃津および伊賀上野の城主となり,元和3 (17) 年 32万 4000石を受けた。明治になって伯爵。なお,寛文9 (69) 年高久のとき,次男高通に5万石,3男高堅に 3000石を分元禄 10 (97) 年高堅は高通の嗣子となり5万 3000石を領有し,久居藤堂藩として明治にいたって子爵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうどううじ【藤堂氏】
江戸時代の大名家。近江国犬上郡から出て8世景盛が藤堂氏を称する。高虎のとき浅井,織田,豊臣,徳川氏に仕え,1585年(天正13)1万石,ついで紀州粉河2万石,伊予宇和島7万石と昇進し,関ヶ原の戦の戦功で伊予今治20万石の大名になった。1608年(慶長13)伊賀,伊勢に22万石を与えられ,はじめ伊賀上野城,10月伊勢の津城(安濃津城)に入った。大坂の陣ののち山城,大和にも増封されて32万3000石余の外様大名となり,高虎を藩祖として以後12代まで領地を失わずに明治維新を迎える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤堂氏
とうどううじ
江戸時代の大名家。外様(とざま)、大広間詰。近江国(おうみのくに)犬上郡藤堂村(滋賀県甲良(こうら)町)の出。六角(ろっかく)氏、京極氏に仕えた。藩祖高虎(たかとら)のとき、浅井・織田(おだ)・豊臣(とよとみ)・徳川氏に仕え頭角を現す。紀伊国粉川(こかわ)、伊予国宇和島・国府(こくふ)・今治(いまばり)を経て1608年(慶長13)伊賀1国と伊勢(いせ)2郡を与えられ安濃津(あのつ)(三重県津市)に入封する。1617年(元和3)に山城(やましろ)・大和(やまと)2国の加増地を受け32万3900石余の大名となる(津藩)。のち3代高久(たかひさ)は1669年(寛文9)弟高通(たかみち)に5万石を分封し、久居(ひさい)(三重県津市)に支藩を創設。以後、本・支藩とも明治維新まで存続する。本藩では、居城とした安濃津のほかに伊賀上野に城下町を建設し、城代を設置した。[保坂 智]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤堂氏
とうどうし
江戸時代,伊勢の津(安濃津)藩主
近江愛智 (えち) 郡に住む郡司の家系中,犬上郡藤堂村に住したが藤堂と称したらしい。初め六角・京極氏に仕えたが,1608年高虎のとき,伊賀・伊勢に入封。'17年,32万石に加増され,明治時代に至り伯爵をうけた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤堂氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤堂氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.