Rakuten infoseek

辞書

藤四郎【とうしろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤四郎
とうしろう
鎌倉時代,尾張国瀬戸焼の祖とされる加藤四郎左衛門景正の家系を継ぐ陶工俗称。1世加藤四郎左衛門景正が略称「藤四郎」といったことに始る。景正は貞応2 (1223) 年僧道元とともに渡宋し,製陶法を学んで帰朝し,陶器に適した土を求めて諸国を巡歴して瀬戸でこれを見つけ,ここに瀬戸焼を開いたという。以来,12世基時まで続いた。茶入れでは特に2世基通の作品を「藤四郎」と称する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうしろう〔トウシラウ〕【藤四郎】

鎌倉時代の陶工で瀬戸焼の祖とされる加藤四郎左衛門景正(かげまさ)の略称。藤四郎の名は代々継承され、12代を数える。
鎌倉時代の刀工、粟田口吉光の通称。

陶工、藤四郎の焼いた陶器。特に茶入れで、2代目藤四郎基通作とされる真中古(まちゅうこ)をさし、初代の作は春慶唐物などと称される。
《「しろうと(素人)」を逆さまにして人名のようにいった語》しろうと。とうしろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤四郎 ふじ-しろう
1828-1874 幕末-明治時代の武士。
文政11年4月29日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。平野国臣らとまじわり,万延元年脱藩の罪で大島に流された。文久3年生野の変にくわわる。慶応2年姫島配流中の野村望東(ぼうとう)を救出。維新後,京都大属,福岡藩権大属などをつとめる。明治7年11月3日死去。47歳。名は茂親。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とうしろう【藤四郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうしろ【藤四郎】
〔「しろうと(素人)」をひっくり返し、人名めかした語〕
素人しろうと。とうしろう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうしろう【藤四郎】
○ 鎌倉初期の陶工。加藤四郎左衛門景正の略称。道元に従い入宋。陶技を学んで帰朝後、瀬戸に窯かまを開いたという。瀬戸焼の祖とされる。生没年未詳。以後代々藤四郎を襲名、一二代を数える。
藤四郎作の茶入れ。特に二代作の真中古まちゆうこをさす。また、初代の作は唐物・春慶などと呼ばれる。
○ 刀工、粟田口吉光の通称。
とうしろ」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤四郎
とうしろう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐しろ【藤四郎】
〘名〙 =とうしろう(藤四郎)(二)②
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉四「こっちをトーシロと見ると、法外な車賃をふっかけて来ますからね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐しろう ‥シラウ【藤四郎】
[1] 鎌倉初期の伝説的陶工。瀬戸の陶祖と伝えられる加藤四郎左衛門景正の略称。以後、二代藤次郎基通、三代藤三郎景国、四代藤九郎政連のほか、各代藤四郎を襲名。加藤景正。
[2] 〘名〙
① 藤四郎焼のこと。特に、二代目藤次郎基通の焼いた茶入をいう。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
② 「しろうと(素人)」の「うと」を逆にし、さらに「しろ」を下に回して人名のように言った語。とうしろ。
※落語・道具の開業(1891)〈三代目三遊亭円遊〉「『この鋸はよっぽどあまいナア』〈略〉『イイエ、やきがまへではありません。日本橋の火事でよくやけたのです』『お前は藤四郎だナ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤四郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤四郎の関連情報

他サービスで検索

「藤四郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.