Rakuten infoseek

辞書

藤原頼通【ふじわらのよりみち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原頼通
ふじわらのよりみち
[生]正暦3(992).京都
[没]承保1(1074).2.2. 宇治
平安時代中期の廷臣。別称,宇治殿。道長の長男。母は左大臣源雅信の娘倫子。幼名は田鶴君。長保5 (1003) 年正五位下,侍従,右近衛少将。寛弘3 (06) 年従三位。同6年権中納言,長和2 (13) 年権大納言,同4年左近衛大将。同6年内大臣,父の地位を継いで摂政,氏長者,寛仁3 (19) 年関白となったが,政治の実権は父の手中にあり,政務の不手ぎわを責められて勘当を受けることさえあった。治安1 (21) 年居邸高陽院を壮麗に造営して世の耳目を集めた。万寿4 (27) 年道長が死去すると名実ともに政界の首座につき,後一条,後朱雀,後冷泉の3代にわたってその地位にあった。しかし後冷泉天皇の皇后とした娘寛子に皇子がなく,外祖父とはなれなかった。永承7 (52) 年道長の宇治別荘を仏寺平等院とした。康平4 (61) 年太政大臣となったがまもなく辞し,治暦3 (67) 年准三宮。翌年教通の要求によって,将来嫡子師実にることを条件に関白の地位を退いた。こののち,師実の養女賢子が皇太子 (白河天皇) 妃となるに及んで師実への関白の譲渡を教通に迫ったが,生前ついに実現しなかった。延久4 (72) 年出家し,法名を蓮花覚,のち寂覚といった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐よりみち〔ふぢはら‐〕【藤原頼通】
[992~1074]平安中期の公卿道長長男後一条後朱雀後冷泉3代の天皇の摂政関白となり、父とともに藤原氏全盛期現出平等院鳳凰堂建立宇治の関白と称された。晩年に出家。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原頼通 ふじわらの-よりみち
992-1074 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
正暦(しょうりゃく)3年1月生まれ。藤原道長の長男。母は源倫子治安(じあん)元年(1021)従一位,左大臣となり,康平4年(1061)太政大臣。後一条天皇以後3朝の摂関をつとめる。後宮にいれた娘の寛子らに皇子が生まれず,天皇の外祖父とはなれなかった。歌壇後援,また宇治に平等院を創建した。延久6年2月2日死去。83歳。通称は宇治殿。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのよりみち【藤原頼通】
992‐1074(正暦3‐承保1)
平安中期の公卿。摂政道長の長男。母は左大臣源雅信の女倫子。15歳で早くも従三位に昇り,累進して1017年(寛仁1)26歳で内大臣に進み,さらに父道長の譲により摂政となった。以後,後一条,後朱雀,後冷泉3代50余年にわたって摂政あるいは関白の座を占めた。その間,女子を天皇の後宮にいれて,外孫皇子の誕生を期待したが,ついにその実現をみず68年(治暦4)藤原氏を外戚としない後三条天皇の践祚目前にして,関白を弟の教通に譲って宇治に隠退した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのよりみち【藤原頼通】
992~1074 平安中期の廷臣。道長の長男。通称、宇治の関白・宇治殿。後一条・後朱雀・後冷泉三代の天皇の摂政・関白となったが、天皇外戚となりえず、摂関家の後退を招いた。出家後、宇治に平等院鳳凰堂を建立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原頼通
ふじわらのよりみち
(992―1074)
平安中期の公卿(くぎょう)。摂政(せっしょう)道長の長子。母は左大臣源雅信(まさのぶ)の女(むすめ)倫子(りんし)。幼名を田鶴(たづ)君という。1009年(寛弘6)権中納言(ごんちゅうなごん)、13年(長和2)権大納言、15年には左大将となった。17年(寛仁1)3月4日内大臣に任ぜられ、父道長が摂政を辞し、後を譲り受けて同16日摂政となった。19年関白、21年従(じゅ)一位に叙せられ、左大臣となった。後一条(ごいちじょう)、後朱雀(ごすざく)、後冷泉(ごれいぜい)天皇の3代にわたって摂関となり、37年(長暦1)養女(げんし)が後朱雀天皇に入内(じゅだい)し、また、具平(ともひら)親王の女との間に生まれた寛子(かんし)が51年(永承6)後冷泉天皇の皇后となり外戚(がいせき)の地位を築こうとしたが、いずれも皇子が生まれなかった。61年(康平4)太政(だいじょう)大臣となったが、翌年辞した。これより先、1052年には宇治の別業を平等院としていたが、67年(治暦3)後冷泉天皇の行幸をここに迎え准三后(じゅさんごう)となった。翌年後三条(ごさんじょう)天皇が即位。師実(もろざね)へ将来譲渡する約束のもとに弟教通(のりみち)に関白を譲り宇治に隠遁(いんとん)した。師実は天皇の信任厚く、師実の養子賢子が皇太子妃となり外戚としての地位を得た。しかし関白は頼通生前中には師実に譲られぬままに72年(延久4)出家、法名は蓮華覚(れんげかく)、のちに寂覚(じゃくかく)と称し、延久(えんきゅう)6年2月2日83歳で没した。宇治殿という。[山中 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐よりみち【藤原頼通】
平安中期の公卿。道長の第一子。後一条・後朱雀・後冷泉の三朝にわたり摂政・関白となり、父道長とともに藤原氏全盛時代を築いた。天喜元年(一〇五三)宇治平等院鳳凰堂を建立、宇治殿と呼ばれた。正暦三~延久六年(九九二‐一〇七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原頼通
ふじわらのよりみち
992〜1074
平安中期の公卿
摂政・関白。道長の長男。通称宇治殿。後一条・後朱雀 (ごすざく) ・後冷泉 (ごれいぜい) の3代,約50年間摂関として道長に続く全盛期を現出した。しかし後冷泉天皇に入内した娘寛子に皇子がなく,外戚関係のない後三条天皇即位により苦境にたち,弟教通 (のりみち) に関白をゆずり隠退。1052年宇治の別荘を寺に改め,平等院とした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原頼通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原頼通の関連情報

関連キーワード

ミエシコ1世ポーランド史用地売り渡しに関する覚書ハルビン市ビキニ核実験クィリン真如堂トールン阿【て】河荘

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.