Rakuten infoseek

辞書

藤原隆章【ふじわらのたかあき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原隆章
ふじわらのたかあき
南北朝時代の宮廷画家興国7=貞和2 (1346) ~正平7=文和1 (52) 年,京都祇園社絵所 (えどころ) の大絵師職をつとめた。正平6=観応2 (51) 年から制作された本願寺覚如上人の伝記絵巻『慕帰絵 (ぼきえ) 』 10巻のうち第2,5,6,8巻を描いたことが知られる。伝統的技法に習熟し,風景描写にもすぐれた。なお同絵巻の他の部分を描いた藤原隆昌とともに『諏訪社絵詞』 12巻を描いたことも記録されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原隆章 ふじわらの-たかあき
?-? 南北朝時代の画家。
京都祇園(ぎおん)社の絵師職をつとめる。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)子の隆昌とともに本願寺3世覚如(かくにょ)の一代記「慕帰絵(ぼきえ)」(10巻,重文)をえがいた。当時の生活,風俗を知る上で貴重な資料である。「諏訪大明神縁起並祭礼絵」の制作にもたずさわった。法名は覚智。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのたかあき【藤原隆章】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

藤原隆章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原隆章の関連情報

他サービスで検索

「藤原隆章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.