Rakuten infoseek

辞書

藤原銀次郎【ふじわらぎんじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原銀次郎
ふじわらぎんじろう
[生]明治2(1869).6.17. 長野
[没]1960.3.17. 東京
昭和初期の製紙王といわれた財界人,政治家。富裕の家に生れ,1890年慶應義塾を卒業,『松江日報』の主筆となった。 94年中上川彦次郎のすすめで三井銀行に入社,翌年富岡製糸場支配人となる。日本最初の工場ストライキといわれる王子製紙のストライキを鎮圧し,1904年三井物産の木材部長。 11年凋落寸前の王子製紙の専務となり,負債を整理し再建に成功,20年社長。 33年競争会社の富士製紙,樺太工業を合併し大王子製紙を築き上げた。 38年実業界の第一線を退き,翌年藤原工業大学校を開き,44年に慶應義塾大学寄付した。その後商工大臣 (1940) や軍需大臣 (44) などを歴任。第2次世界大戦後は戦犯に指名されたが,46年釈放され,その後日本経営者団体連盟顧問をつとめ,59年私財により藤原科学財団を設立。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐ぎんじろう〔ふぢはらギンジラウ〕【藤原銀次郎】
[1869~1960]実業家・政治家。長野の生まれ。王子製紙を再建。藤原工業大学(在の慶応大学理工学部)を私費創設。第二次大戦中、商工・軍需相などを歴任。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原銀次郎 ふじわら-ぎんじろう
1869-1960 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治2年6月17日生まれ。三井物産木材部長などをへて王子製紙社長となり,昭和8年富士製紙,樺太(からふと)工業を吸収合併した。のち米内(よない)内閣の商工相,小磯内閣の軍需相などを歴任。14年藤原工業大(現慶大理工学部)を設立した。昭和35年3月17日死去。90歳。長野県出身。慶応義塾卒。
格言など】毎日の仕事が面白く感じるように努力しなければ,長い一生をつとめられるものではない

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらぎんじろう【藤原銀次郎】
1869‐1960(明治2‐昭和35)
大正・昭和期の三井財閥系実業家。長野市近郊の豪農の出身。1890年慶応義塾を卒業。《松江日報》に入社したが,三井の指導者中上川彦次郎に見いだされ,94年三井銀行に入る。96年富岡製糸場の支配人,ついで三井物産台湾支店長などを歴任し,三井内部で評価された。1911年,当時経営難におちいっていた王子製紙の専務取締役に就任,非能率工場を整理し,苫小牧で集中大量生産方式を採用し成功する。20年社長に就任。業界の激烈な競争のに,33年富士製紙,樺太工業の吸収合併に成功し,独占的な大王子製紙の誕生をみ,藤原は製紙王と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらぎんじろう【藤原銀次郎】
1869~1960 実業家。長野県生まれ。慶大卒。王子製紙の再建に尽力、1920年(大正9)社長に就任。藤原工業大(現、慶大理工学部)を創立。第二次大戦中、商工相・軍需相に就任。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原銀次郎
ふじわらぎんじろう
(1869―1960)
日本最大の製紙企業であった(旧)王子製紙の経営者。長野県の富農の三男に生まれる。慶応義塾を卒業後、地方新聞の記者を経て、1895年(明治28)三井銀行に入った。富岡製糸場や王子製紙支配人に一時出向したのち、三井物産に移籍、台湾支店長や木材部長を務めた。1911年(明治44)に当時業績不振であった王子製紙の専務取締役に就任、ついで社長となって経営再建に成功、1933年(昭和8)には競争企業を合併して業界での優位を決定的とした。38年に会長となる。私財を投じて藤原工業大学(慶応義塾大学理工学部の前身)を設立したほか、商工大臣なども歴任した。[四宮俊之]
『下田将美著『藤原銀次郎回顧八十年』(1950・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐ぎんじろう【藤原銀次郎】
実業家・政治家。長野県出身。慶応義塾卒。三井物産を経て、大正九年(一九二〇)王子製紙の社長に就任。日本の製紙の九割を集中する大企業に発展させた。また、商工相、軍需相などを歴任。昭和一四年(一九三九)藤原工業大学(現慶応義塾大学工学部)を設立。明治二~昭和三五年(一八六九‐一九六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原銀次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原銀次郎の関連情報

関連キーワード

藩学一覧チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)女性参政権ガルシア・モレノハドソン湾プティパ天塩国実業之日本ハイゼハウスホーファー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.