Rakuten infoseek

辞書

藤原道綱母【ふじわらのみちつなのはは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原道綱母
ふじわらのみちつなのはは
[生]承平6(936)頃
[没]長徳1(995)
平安時代中期の女流歌人。『蜻蛉日記 (かげろうにっき) 』の作者。名は不明。父は藤原倫寧 (ともやす) 。 19歳頃と思われる天暦8 (954) 年右大臣師輔の子藤原兼家と結婚。翌年道綱を生むが,兼家には数人の妻があり,その後兼家の訪れが遠のき,彼女は父のもとで,子道綱の成長を楽しみに暮した。道綱はのちに大納言右大将となった。自伝的に書かれた『蜻蛉日記』は天延2 (974) 年で終っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわらのみちつな‐の‐はは〔ふぢはらのみちつな‐〕【藤原道綱母】
[?~995]平安中期の歌人。倫寧(ともやす)の娘。藤原兼家の妻となり、右大将道綱を生んだ。「蜻蛉日記」の作者。家集に「道綱母集」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原道綱母 ふじわらの-みちつなの-はは
?-995 平安時代中期の歌人。
藤原倫寧(ともやす)の娘。母は藤原春道(一説に源認(みとむ))の娘。藤原兼家と結婚して道綱を生み,傅(ふの)大納言母,傅殿母などともよばれる。「蜻蛉(かげろう)日記」の作者として著名。中古三十六歌仙のひとりで,歌は「拾遺和歌集」などにはいっている。本朝三美人にもかぞえられた。長徳元年5月2日,60歳ほどで死去。家集に「道綱母集」。
【格言など】嘆きつつひとり寝(ぬ)る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのみちつなのはは【藤原道綱母】
935ころ‐995(承平5ころ‐長徳1)
平安中期の女流歌人,日記作者。右大将道綱母ともよばれる。伊勢守藤原倫寧(ともやす)の女。後に摂政・関白となった藤原兼家と結婚して道綱を生んだので道綱母と呼ばれる。天暦8年(954)から天延2年(974)まで21年間の兼家の妻としての悲喜哀歓を記録した《蜻蛉日記(かげろうにつき)》は女流日記文学の代表的名作である。歌人としても高く評価され,《拾遺和歌集》以下の勅撰集に36首入集,《大鏡》に〈きはめたる和歌の上手〉と讃えられたほか,諸書に顕彰される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのみちつなのはは【藤原道綱母】
936頃~995) 平安中期の歌人。菅原孝標女の伯母。藤原兼家に嫁し、右大将道綱を生む。拾遺和歌集以下の勅撰集に三六首入集。著「蜻蛉日記」、家集「道綱母家集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原道綱母
ふじわらのみちつなのはは
(?―995)
平安中期の歌人。父は正四位下藤原倫寧(ともやす)、母は『尊卑分脈(そんぴぶんみゃく)』などに刑部大輔(ぎょうぶのだいぶ)源認(みとむ)の女(むすめ)とするが、通説は主殿頭(とのものかみ)春通女。実名は不明なので、父の名から倫寧女(ともやすのむすめ)、またはその生んだ子の名によって、道綱母、傅大納言母(ふのだいなごんのはは)、傅殿母(ふのとののはは)などとよばれている。異母弟に歌人として知られた長能(ながよし)があり、また『更級(さらしな)日記』の作者はその姪(めい)である。
 道綱母は、早くから歌人として著名であり、『拾遺(しゅうい)集』以下の勅撰(ちょくせん)集に38首が入集(にっしゅう)し、その家集に『傅大納言殿母上集』(『道綱母集』とも)がある。またその結婚生活を晩年に回想した『蜻蛉(かげろう)日記』は、平安時代の女流文学の代表的作品の一つとされている。当時の他の女流作家が、いずれも宮中などに仕えた女房であったのに対して、ただ1人家庭にあった作家としても特色をもつ。
 道綱母の40歳ごろまでの生活は『蜻蛉日記』に詳しい。それによると、20歳ごろの954年(天暦8)に、当時第一の権勢家の右大臣藤原師輔(もろすけ)三男の兼家(かねいえ)と結婚し、翌年道綱を生んだ。『百人一首』にもとられて有名な「嘆きつつひとり寝(ぬ)る夜の明くる間(ま)はいかに久しきものとかは知る」は、結婚生活2年目に、兼家が他の妻に夢中になって訪れなかったときに詠んだものである。『蜻蛉日記』のなかでは、夫の足が絶えがちなのを嘆き続け、「三十日三十夜(みそかみそよ)はわがもとに」と願った話はよく知られる。兼家の早くからの妻の藤原時姫(ときひめ)とその北の方の地位を争ったが、多くの子女に恵まれた時姫を超えることはできなかった。そのため初瀬や石山等に物詣(ものもうで)を重ね、出産を祈ったがかなわず、40歳ごろに、通うこともまれになった夫から身を退(ひ)いて、晩年鴨河(かもがわ)近くの中河の屋敷で過ごした。その後、986年(寛和2)の内裏歌合(だいりうたあわせ)に道綱の代作を出詠するなど、歌人として活躍していたが、995年(長徳1)5月初めごろ60歳余で没した。[増田繁夫]
『岡一男著『道綱母――蜻蛉日記芸術攷』(1970・有精堂出版) ▽増田繁夫著『日本の作家9 右大将道綱母』(1983・新典社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわらのみちつな‐の‐はは【藤原道綱母】
平安中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。倫寧(ともやす)の娘。長能の姉。菅原孝標女の伯母。兼家の妻妾となり、道綱を生んだ。「蜻蛉日記」の作者で、家集に「傅大納言母上集」がある。長徳元年(九九五)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原道綱母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原道綱母の関連情報

関連キーワード

ラウールレオ7世燕雲十六州ハインリヒザクセン朝ハインリヒ[1世]ルイ[4世]ハインリヒ甄萱石敬瑭

他サービスで検索

「藤原道綱母」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.