Rakuten infoseek

辞書

藤原緒嗣【ふじわらのおつぐ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原緒嗣
ふじわらのおつぐ
[生]宝亀5(774).奈良
[没]承和10(843).7.23. 京都
平安時代初期の廷臣。藤原式家百川の子。延暦7 (788) 年殿上 (てんじょう) で加冠,同 21年参議。同 24年 12月参議菅野真道と天下の徳政について論じ,軍事と造営で百姓が苦しんでいることを上奏すると,桓武天皇は緒嗣のを入れた。また淳和天皇の大嘗会に冗費節約を奏し,みずからそのにあたった。中納言大納言を経て,天長2 (825) 年右大臣,同9年左大臣,『日本後紀』の編者の一人。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐おつぐ〔ふぢはら‐をつぐ〕【藤原緒嗣】
[773~843]平安初期の公卿百川(ももかわ)長男桓武天皇を受け、参議・左大臣などを歴任。「新撰姓氏録」「日本後紀」の編者の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原緒嗣 ふじわらの-おつぐ
774-843 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)5年生まれ。式家藤原百川(ももかわ)の長男。父のにより桓武(かんむ)朝で栄進し,延暦(えんりゃく)21年(802)参議。24年菅野真道(すがのの-まみち)と天下の徳政を論じ,平安京造営征夷の2大事業中止を主張した。天長2年(825)右大臣,9年左大臣にすすみ,正二位にいたる。「日本後紀」の編修主宰者。承和(じょうわ)10年7月23日死去。70歳。贈従一位。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのおつぐ【藤原緒嗣】
774‐843(宝亀5‐承和10)
平安初期の官人。藤原百川(ももかわ)の子。父百川が桓武天皇擁立の中心人物であったことからその信任があつく,内舎人(うどねり)として出身し,中衛少将,右衛士督など主として武官を歴任,802年(延暦21)従四位下で参議となった。ときに29歳で当時では史上最年少の参議である。805年12月に殿上で69歳の参議菅野真道(すがののまみち)と天下の徳政を論じ,蝦夷への軍事行動と平安京の造営の中止を主張し,桓武天皇がこれを実行したことは有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原緒嗣
ふじわらのおつぐ
(774―843)
平安前期の官僚。百川(ももかわ)の長子で、母は伊勢大津(いせのおおつ)の女(むすめ)。父が桓武(かんむ)天皇擁立の立役者であったため、天皇の信任が厚く、17歳で正(しょう)五位上内舎人(うどねり)となり、のち侍従や諸衛府(えふ)の官人を経て、802年(延暦21)29歳のとき、天皇の特別な計らいで前例のない若い参議となった。805年には天下の徳政を論じて軍事(いわゆる蝦夷(えぞ)征討)と造作(平安宮造営)の中止を進言した。続く平城(へいぜい)朝では観察使として山陽道、畿内(きない)、東山道に赴き、民衆の実情を踏まえた意見を奏上した。嵯峨(さが)朝に入ると、蔵人頭(くろうどのとう)を経て10年遅れて参議となった藤原冬嗣(ふゆつぐ)(1歳年少)が天皇の信任を得、緒嗣は政治的に目だった行動が少なくなる。しかし821年(弘仁12)に大納言(だいなごん)、825年(天長2)には右大臣となり、冬嗣の死(826)以後は太政(だいじょう)官の首座(一上)となり、832年には左大臣となった。晩年は病弱で、政治的にみるべきものは少ないが、編集した『日本後紀(こうき)』の人物評は異例で、緒嗣の影響とされている。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』の編集にも参画した。[佐藤宗諄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐おつぐ【藤原緒嗣】
平安初期の公卿。百川の長子。桓武天皇の寵によって昇進。参議、左大臣を歴任。延暦二四年(八〇五)、菅野真道と政事を論じ、蝦夷征伐と平安京造営中止を建奏して、いれられた。「新撰姓氏録」「日本後紀」の編者の一人。宝亀五~承和一〇年(七七四‐八四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原緒嗣
ふじわらのおつぐ
773〜843
平安初期の公卿
式家の百川 (ももかわ) の長男。正二位。左大臣。桓武天皇が百川の政治的策動によって即位したためもあって特別の恩寵をうけた。「軍事(征夷)と造作(造都)は天下の苦しむところ」と両者の停止を上奏したり,大嘗会の費用を節減するなど財政緊縮をはかった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原緒嗣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原緒嗣の関連情報

関連キーワード

国中公麻呂イタリアのロンゴバルド族-権勢の足跡吉備由利空海ウランデシデリウス環境エネルギー問題(中国の)重度心身障害者(児)医療給付総本山善通寺と五岳山真言宗

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.