Rakuten infoseek

辞書

藤原穏子【ふじわらのおんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原穏子
ふじわらのおんし
[生]仁和1(885)
[没]天暦8(954).1.4.
醍醐天皇の皇后。基経の娘。別称五条后朱雀,村上両天皇の母。延喜1 (901) 年女御となり,延長1 (923) 年皇后となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原穏子 ふじわらの-おんし
885-954 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
仁和(にんな)元年生まれ。藤原基経(もとつね)の娘。母は人康(さねやす)親王の王女。昌泰(しょうたい)4年女御,延喜(えんぎ)23年(923)中宮となる。保明(やすあきら)親王,朱雀(すざく),村上両天皇,康子内親王を生む。のち皇太后,太皇太后。五条后とよばれる。天暦(てんりゃく)8年1月4日死去。70歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのおんし【藤原穏子】
885‐954(仁和1‐天暦8)
平安中期の中宮。藤原基経と人康親王女との間に生まれる(母を藤原得子とする伝もある)。899年(昌泰2)醍醐天皇の後宮に入り,901年(延喜1)女御,さらに中宮,皇太后,太皇太后となる。子に保明親王,朱雀天皇,村上天皇,康子内親王の4人がおり,両天皇の国母として,兄の太政大臣忠平と結んで強大な権威をたもち,摂関全盛の時代をもたらした。その後宮のことを記したという《大后御記》は散逸したが,穏子らの建立した醍醐寺五重塔が現存する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

藤原穏子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原穏子の関連情報

関連キーワード

ステファヌス5世(6世)カール[3世]アショットカール[3世]仁和プラティーハーラ朝ボージャ1世ハドリアヌス3世元慶喜撰式

他サービスで検索

「藤原穏子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.