Rakuten infoseek

辞書

藤原教通【ふじわらののりみち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原教通
ふじわらののりみち
[生]長徳2(996).6.7. 京都
[没]承保2(1075).9.25. 京都
平安時代中期の廷臣。別称,大二条殿,宇治殿,道長の子。母は左大臣源雅信の娘倫子。康平3 (1060) 年左大臣,同7年氏長者,治暦4 (68) 年関白。藤原氏と外戚関係のない後三条天皇が即位し,摂関家抑圧策をとったため,以後摂関家は衰退に向った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原教通 ふじわらの-のりみち
996-1075 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
長徳2年6月7日生まれ。藤原道長の子。母は源倫子康平3年(1061)左大臣治暦(じりゃく)4年(1068)兄頼通(よりみち)から関白をつぎ,のち太政大臣。大二条殿とよばれる。娘歓子(かんし)(後冷泉(ごれいぜい)天皇の皇后)らに皇子が生まれず,外戚関係のない後三条天皇の即位で実権をうしなった。承保(じょうほう)2年9月25日死去。80歳。贈正一位。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらののりみち【藤原教通】
996‐1075(長徳2‐承保2)
平安中期の公卿。摂政道長の三男。母は左大臣源雅信の女倫子。15歳で従三位に昇って以来,順調に累進して1021年(治安1)内大臣に昇り,さらに右大臣,左大臣に進み,68年(治暦4)兄頼通の譲により関白となったが,後三条親政のもとでは関白の権勢も振るわず,75年9月25日80歳をもって没した。世に大二条殿と称し,その日記は《二東記》とよばれて尊重された。【橋本 義彦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原教通
ふじわらののりみち
(997―1075)
平安中期の公卿(くぎょう)。関白(かんぱく)。大二条殿と称す。摂政(せっしょう)道長を父にもち恵まれた道を歩む。母は源倫子(りんし)。右大臣、左大臣を経て太政(だいじょう)大臣に進んだ。その間、左大臣のときの1064年(康平7)兄頼通(よりみち)から氏長者(うじのちょうじゃ)を譲られ、68年(治暦4)には女(むすめ)の歓子(かんし)が後冷泉(ごれいぜい)天皇の皇后にたったことで関白となった。しかし2日後に天皇が崩御し、藤原氏と外戚(がいせき)関係のない後三条(ごさんじょう)天皇が即位し、藤原氏に対する抑圧政策をとったこと、女(むすめ)に皇子の誕生をみなかったことなどから関白としての実権を失い、藤原氏の権勢が下り坂となる原因となった。承保(じょうほう)2年9月25日薨去(こうきょ)[朧谷 寿]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

藤原教通 (ふじわらののりみち)
生年月日:996年6月7日
平安時代中期の公卿
1075年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原教通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原教通の関連情報

関連キーワード

グレゴリウス5世オットー3世学習漢字ユーグカペーアジーズ枕草子ユーグ・カペーユーグカペーカペー家教育漢字

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.