Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

藤原惺窩

美術人名辞典

藤原惺窩
安土桃山・江戸前期の儒者播磨生。冷泉為純の子。字は斂夫、別号に惺斎・北肉山人等。初めとなり、のち儒学に心を傾け、朱子学を提唱する。徳川家康に招かれて進講林羅山らと親交する。元和5年(1619)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふじわら‐せいか〔ふぢはらセイクワ〕【藤原惺窩】
[1561~1619]安土桃山・江戸初期の儒学者。播磨(はりま)の人。冷泉(れいぜい)家の出身。名は粛。字(あざな)は斂夫。初め相国寺に入ったが、のち還俗(げんぞく)。朱子学を究め、門人から林羅山松永尺五らを輩出した。「四書五経倭訓」「惺窩文集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原惺窩 ふじわら-せいか
1561-1619 織豊-江戸時代前期の儒者。
永禄(えいろく)4年生まれ。冷泉為純(れいぜい-ためずみ)の3男。はじめ京都相国寺の僧。儒学に傾斜し,慶長の役で捕虜となった姜沆(きょう-こう)に朱子学をまなぶ。のち還俗(げんぞく)。近世儒学の祖とされ,門人に林羅山,松永尺五(せきご)らがいる。元和(げんな)5年9月12日死去。59歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は粛。字(あざな)は斂夫。著作に「寸鉄録」「大学要略」など。
格言など】人を正しくせんとならば,まず我を正しくせねばならぬ理なり(「寸鉄録」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらせいか【藤原惺窩】
1561‐1619(永禄4‐元和5)
江戸初期の儒者で,近世儒学の開祖とされる。名は粛,字は斂夫。号はほかに柴立子,北肉山人など。冷泉為純の子として,播磨国細川荘に生まれた。藤原定家12世の孫に当たる。幼時,生国で僧となり,18歳のとき土豪の襲撃によって父兄と家領を一挙に失い,これを機会に上京して相国寺に入った。ここで仏典とともに儒学を学び,しだいに儒学に専念するようになった。1593年(文禄2)徳川家康に《貞観政要》を講じ,96年(慶長1)儒学の師を求めて明国への渡航を企てたが失敗。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原惺窩
ふじわらせいか
[生]永禄4(1561).播磨
[没]元和5(1619).9.12. 京都
江戸時代初期の儒学者。近世儒学の祖といわれる。名は粛,字は斂夫。惺窩,惺斎,北肉山人,柴立子 (さいりつし) ,広胖窩,昨木山人などと号し,居所を妙寿院と称した。藤原定家の子孫。7歳で仏門に入り,のちに京都相国寺で禅学,漢学を学んだ。天正 18 (1590) 年朝鮮からの国使の許筬らと交わり,朱子学に傾倒。文禄2 (93) 年徳川家康の招きで江戸に行き『貞観政要』を講じた。同4年明に渡航を企図したが悪天候のため失敗。慶長3 (98) 年,文禄・慶長の役の捕虜で朱子学者であった姜こうと伏見で会見し,その協力を得て『四書五経倭訓』を執筆,日本近世における学問研究の自由を主張した最初の書となった。主君に仕えず,晩年は京都北郊の市原野に退隠。弟子に林羅山,松永尺五,堀杏庵,那波活所,菅得庵,林東舟,三宅奇斎らの人材を輩出。著書に『寸鉄録』 (1628成立) ,『字訓解』『四書大全頭書』『逐鹿評』『千代もと草』などがあり,ほとんどが『藤原惺窩集』 (1938) に収められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原惺窩
ふじわらせいか
(1561―1619)

安土(あづち)桃山時代の儒学者。名は粛(しゅく)、字(あざな)は斂夫(れんぷ)。播磨(はりま)国(兵庫県)の豪族に生まれ、父を戦(いくさ)で失い、京都相国寺(しょうこくじ)の僧となって首座(しゅそ)に上った。室町時代以降臨済(りんざい)禅徒の間では朱子学が学ばれ、〔1〕儒は禅に導く手段、〔2〕儒は禅に蘊(つつま)れている、〔3〕禅と儒は体用不二であるという考えを経て、〔4〕禅は真儒の境地(中庸)に至る捷径(はやみち)と考えられるに至っていた。惺窩はこうした禅儒の流れを承(う)け、中国に渡って明(みん)の新儒教を学ぼうとしたが果たさず、陽明学流で仏老を折衷する林兆恩(りんちょうおん)(1517―1598)の書を読んで、『大学』にいう格物致知を「非心(物欲)を去って自証し得た至善(心)を外界に明徳として顕現する」ことと解し、刑政をもって「乱逆無紀」の世に道徳的秩序を建立すべしと説いて、戦国大名のイデオローグとして赤松広通(あかまつひろみち)(1562―1600)の庇護(ひご)を得た。広通の死と同時に彼は仏教は「仁種を絶ち義理を滅す」と難じて還俗(げんぞく)したが、徳川家康の招きには門人林羅山(はやしらざん)を推薦し、洛北(らくほく)に隠棲(いんせい)した。彼の学は禅儒の域を離れず、彼の親しく交わった慶長(けいちょう)の役の捕虜、朝鮮の朱子学者姜沆(きょうこう)(1567―1618)のいうように「性は剛峭(ごうしょう)で倭(わ)において容(い)れらるるなき」人物であった。惺窩は通常、徳川朱子学の祖とされ、幕初の朱子学者松永尺五(まつながせきご)、那波活所(なわかっしょ)らを門人にもつが、自身は王陽明(おうようめい)、陸象山(りくしょうざん)の学をも折衷し、朱子学一辺倒の羅山から批判されても「異中の同(同理・同心)を見よ」と反論した。惺窩の書には『寸鉄録』(1606)『大学要略』(1630)のほかに『文章達徳録』『文集』がある。『千代もと草(ぐさ)』は彼の作と伝えるがさだかでない。

[石田一良 2016年7月19日]

『石田一良・金谷治編『日本思想大系28 藤原惺窩・林羅山』(1975・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐せいか【藤原惺窩】
江戸初期の儒者。名は粛。字は斂夫。播磨国(兵庫県)の人。下冷泉家の出身。藤原定家一一世の孫。近世儒学の祖といわれる。初め仏門に入ったが還俗して朱子学を究め、朝鮮の儒学者姜沆と親交を持ち、儒学をもって家を成した。徳川家康に重んぜられ、民間の大儒として、門人に松永尺五、林羅山、石川丈山らの人材を出した。仏老も斥けず、自由な折衷的学風で、詩文にも関心が深かった。著に「四書五経倭訓」「惺窩文集」「寸鉄録」など。永祿四~元和五年(一五六一‐一六一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原惺窩
ふじわらせいか
1561〜1619
江戸初期の儒者。朱子学派の祖
播磨細川庄に生まれ,京都相国寺に入り,五山の・儒学を学び朱子学に傾倒した。のち僧籍を離れ,徳川家康に招かれたが,辞退して弟子林羅山を推薦した。京学をおこし近世儒学興隆の祖といわれる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原惺窩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原惺窩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.