Rakuten infoseek

辞書

藤原忠平【ふじわらのただひら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原忠平
ふじわらのただひら
[生]元慶4(880).京都
[没]天暦3(949).8.14. 京都
平安時代中期の廷臣。別称,小一条殿。基経の4男。母は人康親王の娘。延喜9 (909) 年に長兄時平が死ぬと氏長者,同 14年右大臣となって朝廷の首座を占めた。延長2 (924) 年左大臣。同5年先に勅命によって時平が編纂を開始した『延喜格』『延喜式』を完成。同8年朱雀天皇践祚とともに摂政天慶4 (941) 年関白となったが,治績にみるべきものはない。貞信公と諡 (おくりな) された。日記『貞信公記』や『小野宮故実旧例』『貞信公教命』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐ただひら〔ふぢはら‐〕【藤原忠平】
[880~949]平安中期の公卿基経の子。諡号(しごう)、貞信公。兄時平死後、摂政、のちに太政大臣・関白となる。時平の遺業延喜格式」を完成。日記「貞信公記」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原忠平 ふじわらの-ただひら
880-949 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
元慶(がんぎょう)4年生まれ。藤原基経(もとつね)の4男。母は人康(さねやす)親王の王女。延喜(えんぎ)9年(909)兄時平の死で氏長者となり,14年右大臣として政権をにぎる。のち左大臣,太政大臣。朱雀(すざく)天皇の摂政,関白,村上天皇の関白をつとめ,摂関政治の基礎をきずいた。天暦(てんりゃく)3年8月14日死去。70歳。贈正一位。小一条殿と称された。諡(おくりな)は貞信公。日記に「貞信公記」。
格言など】小倉山峰のもみぢ葉心あらば今一度(ひとたび)のみゆき待たなむ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのただひら【藤原忠平】
880‐949(元慶4‐天暦3)
平安中期の廷臣,関白基経の四男。900年(昌泰3)21歳で参議となったが叔父清経に譲り,908年(延喜8)に再任,翌年兄左大臣時平がすると,兄仲平を越えて権中納言,氏長者となる。911年大納言,913年右大臣源光が没すると翌年右大臣となり,政権の首座に着いた。924年(延長2)左大臣。927年《延喜式》を完成し奏進した。930年醍醐天皇は皇子寛明親王(朱雀天皇)に譲位し没するが,彼は新帝の摂政となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのただひら【藤原忠平】
880~949 平安中期の廷臣。基経の子。諡号しごうは貞信公。兄時平に次いで摂政、さらに関白となり、「延喜格」「延喜式」の撰修に加わり完成させた。日記に「貞信公記」がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原忠平
ふじわらのただひら
(880―949)
平安中期の公卿(くぎょう)。関白基経(もとつね)の子。母は人康(ひとやす)親王の女(むすめ)。909年(延喜9)兄の時平の没後、権中納言(ごんちゅうなごん)に進み氏長者(うじのちょうじゃ)となった。910年中納言、911年大納言、914年右大臣、924年(延長2)左大臣に任ぜられ、927年には『延喜式(えんぎしき)』を定めている。930年朱雀(すざく)天皇の即位によって摂政(せっしょう)に任ぜられ、932年(承平2)従(じゅ)一位に進み、936年には太政(だいじょう)大臣になった。その後、儀式による正しい公家(くげ)の作法を子実頼(さねより)・師輔(もろすけ)に伝えようとし、子2人はそれぞれ筆録した。師輔の筆録したものが『貞信(ていしん)公教命』として現存。941年(天慶4)関白となり、村上(むらかみ)天皇即位後も949年(天暦3)まで関白にあった。貞信公と諡(おくりな)され、日記を『貞信公記』という。天暦(てんりゃく)3年には七十賀が行われたが、同年8月14日薨去(こうきょ)[山中 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐ただひら【藤原忠平】
平安中期の公卿。小一条殿と号す。摂政・関白。基経の子。母は人康(さねやす)親王の娘。朱雀天皇即位によって摂政、以後太政大臣、関白。温厚で勤勉なため人望があった。「延喜格式」を完成。死後、信濃公に封ぜられ、貞信公の諡号(しごう)を賜わる。有職故実にも明るく、著に「貞信公教命」、日記「貞信公記」がある。元慶四~天暦三年(八八〇‐九四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原忠平
ふじわらのただひら
880〜949
平安前期の公卿
関白基経の4男。909年兄時平の死後,氏長者となった。930年朱雀 (すざく) 天皇の摂政,936年太政大臣,さらに941年関白となった。忠平政権下に承平・天慶の乱がおこった。『延喜格式』を完成。温厚勤勉な性格で人望があった。日記に『貞信公記』。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原忠平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原忠平の関連情報

関連キーワード

ルイ3世五音アルヌルフ[ケルンテンの]リブモン条約外車船ジョン コンラッズ金本知憲川端商店街の火災太田房江知事の政治とカネ問題ゴルフ場と練習場の来客数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.