Rakuten infoseek

辞書

藤原定家【ふじわらの ていか】

美術人名辞典

藤原定家
鎌倉前期の歌人公卿俊成の子。初名は光季・季光。京極黄門と称し、薙髪して明静という。『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』を撰する。正二位権中納言に至る。主な著に『詠歌大概』『明月記』等があり、『千載和歌集』『玉葉和歌集』『続千載和歌集』『新拾遺和歌集』等諸集にその歌を収める。歌学歌論や古典研究の面にも大きな足跡を残した。仁治2年(1241)歿、79才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐さだいえ〔ふぢはら‐さだいへ〕【藤原定家】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじわら‐の‐ていか〔ふぢはら‐〕【藤原定家】
[1162~1241]鎌倉初期の歌人。名は「さだいえ」とも。俊成の子。父のあとを継いで有心(うしん)体の象徴的歌風を確立し、歌壇の指導者として活躍。「新古今和歌集」の撰者の一人。のち「新勅撰和歌集」を撰し、「源氏物語」などの古典の校訂・研究者としてもすぐれた業績を残した。家集拾遺愚草」、歌論書「近代秀歌」「毎月抄」「詠歌大概」、日記「明月記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原定家 ふじわらの-ていか

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原定家 ふじわらの-さだいえ
1162-1241 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
応保2年生まれ。藤原俊成(としなり)の子。母は美福門院加賀。正二位,権(ごんの)中納言。京極中納言とよばれる。父の指導をうけ,後鳥羽(ごとば)院歌壇で活躍。「新古今和歌集」「新勅撰和歌集」の撰者となり,「小倉百人一首」も撰した。「源氏物語」などの古典の書写,校訂にも大きな功績をのこす。仁治(にんじ)2年8月20日死去。80歳。法名は明静。日記に「明月記」,家集に「拾遺愚草」,歌論書に「詠歌大概」など。
【格言など】来ぬ人をまつほの浦の夕凪(ゆふなぎ)に焼くや藻塩(もしほ)の身も焦がれつつ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのさだいえ【藤原定家】
1162‐1241(応保2‐仁治2)
中世初期の歌人。〈ていか〉ともよばれる。父は俊成,母は藤原親忠の女で,初め藤原為経(寂超)の妻となり隆信を生み,のち俊成の妻となった。兄は10人以上あったが成家のほかはすべて出家,姉も10人以上あり妹が1人あった。 定家は14歳のとき赤斑瘡,16歳には痘にかかりいずれも危篤に陥り終生呼吸器性疾患,神経症的異常に悩まされた。19歳の春の夜,梅花春月の景に一種狂的な興奮を覚え,独特の妖艶美を獲得した。この美に拠って86年(文治2)和歌革命を行い(《二見浦百首》),天下貴賤から〈新儀非拠達磨歌〉との誹謗(ひぼう)を受け,14年間苦境にあえいだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふじわらのていか【藤原定家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのさだいえ【藤原定家】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじわらのていか【藤原定家】
〔名は「さだいえ」とも〕 (1162~1241) 平安末期・鎌倉初期の歌人・歌学者。俊成の子。京極中納言と称さる。法号、明静みようじよう。「新古今和歌集」(共撰)、「新勅撰和歌集」を撰した。華麗妖艶な歌風で新古今調を代表し、一時代を画した。歌論書「近代秀歌」「毎月抄」、撰集「小倉百人一首」、日記「明月記」、家集「拾遺愚草」など。また、「顕註密勘」など古典の校勘にも功績を残し、「松浦宮物語」の作者ともいわれる。「千載和歌集」以下の勅撰集に四三九首入集。その書は「定家流」と呼ばれ、尊重された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原定家
ふじわらのさだいえ
[生]応保2(1162)
[没]仁治2(1241).8.20. 京都
鎌倉時代前期の公卿,歌人,古典学者。「ていか」とも読む。父は俊成。母は親忠の娘美福門院加賀。権中納言正二位。 72歳で出家。法名,明静 (みょうじょう) 。早くから歌才を発揮したが,青年期の作品は晦渋で,六条家など旧派の歌人たちから「新儀非拠達磨歌」と非難された。後鳥羽上皇に認められ,父の死後は宮廷和歌の第一人者となった。和歌所寄人。『新古今和歌集』撰者の一人。『千五百番歌合』巻十一,巻十二の判者をつとめ,貞永1 (1232) 年には『新勅撰和歌集』を単独で撰進。歌風は観念的傾向が著しいが,華麗,妖艶で,特に恋の歌に秀歌が多い。書は肥痩の調子に独自の風格を出し,『土佐日記』,『小倉山荘色紙形和歌』 (『百人一首』の原形) などが著名。真跡および伝称の筆跡がきわめて多い。家集『拾遺愚草』のほか『定家卿百番自歌合』,歌論書『近代秀歌』『詠歌大概』『毎月抄』,注釈書『顕註密勘』 (21) ,『僻案抄』 (26) ,『源氏物語奥入』 (27) ,日記『明月記』,物語『松浦宮物語 (まつらのみやものがたり) 』など多数の著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原定家
ふじわらのていか
藤原定家」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐さだいえ【藤原定家】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじわら‐の‐ていか【藤原定家】
鎌倉初期の歌人、歌学者、古典学者。名は、「さだいえ」とも。父は俊成。母は藤原親忠の娘。正二位権中納言まで進んだ。晩年出家し、法名は明静。「新古今和歌集」の撰者の一人で、「新勅撰和歌集」「小倉百人一首」の撰者でもある。新古今時代の代表歌人で、その和歌・歌論は以後の文芸や文化に深い影響を与えた。また、「源氏物語」など多くの古典の書写や校訂などを行なって、以後の本文研究の規範となった。日記に、一九歳から五六年間書きつづけた「明月記」がある。家集に「拾遺愚草」があり、歌学書に「近代秀歌」「毎月抄」「詠歌之大概」など、研究書に「顕註密勘」「僻案抄」「源氏物語奥入」など多数の著作がある。応保二~仁治二年(一一六二‐一二四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原定家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原定家の関連情報

他サービスで検索

「藤原定家」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.