Rakuten infoseek

辞書

藤原定子【ふじわらのていし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原定子
ふじわらのていし
[生]貞元1(976)
[没]長保2(1000).12.16.
一条天皇皇后道隆の娘。永祚2 (990) 年女御となり,同年中宮天皇愛厚く,栄華をきわめた生活は,清少納言の『枕草子』によって知られる。長徳2 (996) 年兄伊周 (これちか) が花山法皇にを射かけた事件により出家,その後も召され,長保2 (1000) 年皇后となり,中宮彰子 (→上東門院 ) とともに一帝二后の形となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐ていし〔ふぢはら‐〕【藤原定子】
[976~1001]一条天皇の皇后。道隆の娘。正暦元年(990)入内して女御、のち中宮。長保2年(1000)藤原彰子が中宮に立ったため皇后となり一代二后の例を開いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原定子 ふじわらの-さだこ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのていし【藤原定子】
976‐1000(貞元1‐長保2)
平安中期の一条天皇の皇后。内大臣藤原道隆の女,母は高階貴子。990年(正暦1)1月一条天皇の内裏に入って,女御となり,10月5日中宮となる。995年(長徳1)道隆が死に,翌年兄の伊周,隆家らが花山院輿に矢を射かけるという事件によって失脚すると,定子も出家したが,天皇の寵は変わらず,その後に敦康親王,修子内親王を生んだ。999年11月に道長の女の彰子(上東門院)が入内して女御となり,翌年2月中宮となったため,定子は皇后となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのていし【藤原定子】
977~1000 一条天皇の皇后。道隆の女むすめ。990年入内。1000年藤原彰子が中宮にたったために皇后となり、一代二后の先例となった。定子に仕えた清少納言の「枕草子」にその才色が伝えられている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原定子
ふじわらのていし
(976―1000)
一条(いちじょう)天皇の皇后、藤原道隆(みちたか)の女(むすめ)。母は高階貴子(たかしなのきし)。990年(正暦1)2月女御(にょうご)、10月中宮となる。996年(長徳2)兄伊周(これちか)、隆家が花山(かざん)法皇をおどし射(う)ちする事件によりいったん出家したが、ふたたび参内、脩子(しゅうし)内親王、敦康(あつやす)親王が生まれた。1000年(長保2)道長の女彰子(しょうし)が中宮にたったため皇后となり、一天皇に二后併立の例を開いた。この年12月15日、(びし)内親王を産み、翌日亡くなった。定子皇后には清少納言が仕えており、『枕草子(まくらのそうし)』には定子の身辺について詳しく記している。だが、定子の不遇に関しては、ほとんど触れていないのが特徴である。[山中 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐ていし【藤原定子】
一条天皇の皇后。父は道隆。母は高階貴子。正暦元年(九九〇)入内して女御、次いで中宮となる。父の死によって出家したが、天皇の召によって、再度入内。長保二年(一〇〇〇)道長の娘彰子が中宮となったために皇后となり、一代二后の例を開いた。清少納言を従え、宮廷女流文学の母胎となったサロンの主でもあった。貞元元~長保二年(九七六‐一〇〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原定子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原定子の関連情報

関連キーワード

貞元趙匡胤太宗(宋)ヨハネス[1世]趙匡胤太祖[宋]ハカム2世バーベンベルク朝ヨハネス1世レオン・ディアコノス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.