Rakuten infoseek

辞書

藤原周光【ふじわらの ちかみつ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原周光 ふじわらの-ちかみつ
1079ごろ-? 平安時代後期の官吏,漢詩人。
承暦(じょうりゃく)3年ごろ生まれる。民部丞(じょう)藤原頼長の子で,藤原敦基(あつもと)の養子官途は従五位上,大監物(だいけんもつ)にとどまる。藤原忠通(ただみち)を中心とする詩壇で活躍,蓮禅(れんぜん)と親交があった。は「本朝無題詩」に105首。保元(ほうげん)3年(1158)80歳のころ,弟子高官に身をささえられて内宴に出席,面目をほどこした。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのちかみつ【藤原周光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

藤原周光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原周光の関連情報

関連キーワード

2006年全国映画概況邦画復活いろは歌アベラール伊呂波歌周期表性霊集成王宋敏求大乗会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.